BlackBerry、中国TCLと提携解消。8月末にBlackBerryブランド製品の製造・販売が終了

2月3日、カナダBlackBerryと中国TCL Communication (以下、TCL) は2016年に両社間で締結したライセンス契約を終了することを発表した。契約は2020年8月末で終了し、それ以降はBlackBerryブランド製品の販売が終了となる。

BlackBerryとTCLが提携を結んだのは前述のとおり2016年。BlackBerryが2016年9月にモバイル端末の自社開発を終了して以降、TCLがBlackBerryとのライセンスのもとでBlackBerryのブランドを冠した製品を販売してきた。

今回の提携終了によって、TCLからBlackBerryブランドの端末が販売されることは今年9月以降なくなる。ちなみに日本でもBlackBerry端末は販売されているが、既存製品のサポートについては2022年8月31日まで続けるとしている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。