Blueマイクロフォンズ、宅録ミュージシャン向けマイク 「Blue XLRシリーズ」 3製品を発表。本日から予約開始

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

7月1日、株式会社ロジクールは「Blueマイクロフォンズ新製品・戦略に関するオンライン発表会」を開催。

同発表会の中で、傘下のプレミアムマイクブランド 「Blueマイクロフォンズ」 から、プロ仕様マイク 「Blue XLR」 シリーズ3製品を、2021年7月15日(木)に発売すると発表した。価格はオープン、参考価格は以下の通りだ (いずれも税込) 。本日から予約受付が開始されている。

参考価格

  • Spark SL XLR:24,970円
  • Bluebird SL XLR:32,780円
  • Baby Bottle SL XLR:43,780円

宅録用ミュージシャンマイク 「Blue XLR」 シリーズが発売

「Blue XLR」 シリーズは、20世紀を代表する真空管レコーディングマイク 「Bottle」 のデザインを踏襲。ビンテージマイクの伝統を踏襲しながら、革新的かつ最新のエンジニアリング、そしてBlueのユニークなデザインを備えたプロ仕様のマイク。

広く普及しているUSBではなく、XLRコネクターを採用している。XLRマイクは別途ミキサーやオーディオインターフェイス、XLRケーブルを用意してPCに接続する必要があり、プラグ&プレイが可能なUSBマイクに比べると手軽さは多少失われるものの、代わりにポッドキャストからボーカル、楽器までプロクオリティのサウンドを得ることができる。

また、XLRコネクターを採用したことで、複数の楽器を使用した収録などに便利。USBマイクは前述のとおりPCに直接繋いで利用できるプラグ&プレイが可能だが、一方でひとつのマイクしか利用できないなどの “制約” がある。

今回発表された3つの製品には、それぞれカスタムのコンデンサーカプセルが搭載されており、サウンドの特徴が異なる。

「Blue XLR」 シリーズ 特徴
製品名 サウンドの特徴
Spark SL 繊細で透明感のあるサウンド
Bluebird SL モダンかつ非常にクリアなサウンド
Baby Bottle SL クラシックな暖かみと存在感のあるサウンド

各マイクの音質がチェックできる動画が公開されているので、製品別にご紹介したい。

まずは 「Spark SL」 。繊細で透明感があり、ナチュラルなサウンドが特徴だ。

次に 「Bluebird SL」 。モダンかつ非常にクリアで、ブライトなサウンドが特徴。

最後に 「Baby Bottle SL」 。クラシックでヴィンテージ、そして暖かみのあるサウンドが特徴だ。

さらに100Hzのハイパスフィルターと20dBの減衰パッドのスイッチも本体に備える。低音ノイズが気になるときや、迫力のある歌声、大音量のギターアンプ、ドラムなどのレコーディングに便利だ。

今回発表された3つの製品には、音質などキャラクターは異なるものの、製品間のグレードはない。それぞれ価格が異なるのはキャラクターの違いを出すためのコンポーネントなどが異なるためで、ロジクールは各ユーザーの好みや相性などでどれを購入するか決めて欲しいとしている。

なお、今回の製品のメインターゲットは宅録ミュージシャンやYouTuber、ポッドキャスター、ゲーミングストリーマーが挙げられている。

「Blue XLR」 シリーズの価格はオープンで、参考価格は 「Spark SL」 が24,970円、「Bluebird SL」 が32,780円、「Baby Bottle SL XLR」 が43,780円 (いずれも税込) 。本日からAmazonなどで予約受付が開始されている。

「Blue XLR」 シリーズ 製品仕様
  Spark SL Bluebird SL Baby Bottle SL
ブラックアウト ブルー ブラック
型番 BM1100BK BM1200 BM1300BK
参考価格(税込) 24,970円 32,780円 43,780円
発売予定日 2021年7月15日(木)
保証期間 2年間
使用電圧 +48V DC Phantom電源
カプセル 26mmコンデンサーカプセル 34mmコンデンサーカプセル
指向特性 カーディオイド
周波数特性 20Hz〜20kHz
マイク感度 34.9mV/Pa@1kHz
(1 Pa=94 dB SPL)
28.5mV/Pa@1kHz
(1 Pa=94 dB SPL)
39.8mV/Pa@1kHz
(1 Pa=94 dB SPL)
最大SPL 136 dB SPL
(1kHz, THD 0.5%)
138 dB SPL
(1kHz, THD 0.5%)
134 dB SPL
(1kHz, THD 0.5%)
出力インピーダンス 50Ω
定格負荷インピーダンス 最小1kΩ
S/N比率 73 dB-A 82.3 dB-A 83.2 dB-A
ハイパスフィルター 100Hz、12dB (1オクターブあたり)
ノイズレベル 16.4dB 11.7dB 10.8dB
ダイナミックレンジ 119.6dB 126.3dB 123.2dB
パッド -20dB
付属品 本体、保証書、保証規定、プレミアムショックマウント、木製ストレージボックス
サイズ 220.5 mm x 45 mm 222.5 mm x 47.5 mm 222.5 mm x 51.5 mm
重量 336g 455g 410g

ロジクールはBlueマイクロフォンズを2018年に1億1700万ドルで買収しており、傘下ブランドとしてBlueマイクロフォンズの製品を取り扱っている。

日本では直近で 「Yeti X」 「Snowball」 などを発売。当サイトでレビューも公開しているため、気になる方はそちらもご覧いただきたい。ちなみに 「Yeti X」 「Snowball」 はUSBマイクだ。

関連記事
Blue Microphones 「Yeti X」 レビュー。YouTube配信やテレワークに最適なUSBコンデンサーマイク

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Logitech, Logicool, All rights reserved. 記載されている会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。株式会社ロジクールはLogitech Groupの日本地域担当の日本法人です。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。