SIE、Bluepoint Games社を買収。16番目のPlayStation Studiosに

10月1日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントはBluepoint Gamesの買収に合意、契約を締結したと発表した。

SIE、Bluepoint Gamesを買収

Bluepoint Gamesは、米国オースティンに拠点を置くゲーム開発スタジオ。コンソールの要となるビジュアルやゲームプレイのレベルを継続的に高め、業界のなかでもっとも高品質なリマスターやリメイクを開発している。

同社が開発に携わった最新のタイトルとしては、PS5のローンチタイトルだった『Demon’s Souls』のフルリメイク作、PS4『ワンダと巨像』『アンチャーテッド コレクション』『GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動』などがある。

今回の買収によって、Bluepoint GamesはSIEのソフトウェアタイトル開発をグローバルに統括するPlayStation Studiosの16番目のスタジオになる。SIEによると、Bluepoint Gamesは世界観の構築やキャラクターの創造において高い専門知識を持っており、SIEとは15年以上関係が続いているとのこと。買収以降は、PlayStation Studiosのタイトル開発をサポートするという。

なお、現在のBluepointのマネジメントチームは、今後も継続して同社の経営を担う予定。買収額を含む諸条件等については、契約条件により未公表となっている。

SIE社長兼CEOのジム・ライアン氏は、今回の買収について以下のコメントを発している。

Bluepointは長年に亘るSIEの素晴らしいパートナーであり、同社の持つ高い技術力はこれまでの タイトルでも発揮されています。BluepointをPlayStation Studiosに迎え入れることは私たちが誇るク リエイティブチームへの継続的な投資と育成を示すものであり、ファンの皆様に世界レベルのゲーム 体験をお届けできると確信しています。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。