牧場物語シリーズ最新作『牧場物語 オリーブタウンと希望の大地』Nintendo Switchで2021年2月25日発売

10月28日、マーベラスは牧場物語シリーズ最新作『牧場物語 オリーブタウンと希望の大地』をNintendo Switchで発売することを発表した。

価格はパッケージ版、ダウンロード版ともに6,578円(税込)で、発売日は2021年2月25日を予定している。

『牧場物語 オリーブタウンと希望の大地』がNintendo Switchで2021年2月25日に発売

「牧場物語」 シリーズは、牧場で人生を謳歌する 「ほのぼの生活ゲーム」 。自然いっぱいの牧場で野菜や果物を育てたり、動物たちのお世話をしながら、街に住む人々との出会いや恋愛も楽しめるのが魅力だが、本作では従来よりも高い自由度が魅力であるとのこと。

最初は牧場を作るために広大な森を開拓。森を切り拓く中で集めた素材でさまざまな施設を修復していきながら、採掘ができる鉱山や、釣りができる海岸なども発見できるという。さらに、新たな作物や動物たちとも出会えるかもしれない。

土地の広さはシリーズで最大規模になっていて、切り拓いた土地でたくさんの作物を作って大農家になったり、動物をいっぱい育てて大牧場を作ったり。さらには道や柵を設置して自分好みの牧場にしたりと、ユーザーの好きなように牧場を作り替えることが可能だ。

牧場に隣接する街の名前はオリーブタウン。いろいろなお店が立ち並びにぎわうが、ここでは個性豊かな住人たちとの出会いが可能だ。

『牧場物語 オリーブタウンと希望の大地』は2021年2月25日(木)に発売予定。続報に期待したい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。