Bose、日替わりセール最終日は 「SoundWear Companion speaker」 「Noise-Masking Sleepbuds」 が最大28%オフに

Boseは3月1日から3月4日までの3日間、同社のオーディオ製品を日替わりでセール販売する 「BOSE 3 DAYS LIMITED TIME SALE」 を開催。

最終日となった本日は、Boseのウェアラブルネックスピーカー 「Bose SoundWear Companion speaker」 と睡眠用イヤホン 「Bose Noise-Masking Sleepbuds」 が最大28%オフで販売中だ。

ウェアラブルネックスピーカーと睡眠用イヤホンが最大28%オフ

SoundWear Companion speaker」 は首に掛けるように装着して使うタイプのスピーカー。U字に湾曲したネックバンドに上向きのスピーカーが搭載されており、これを肩に乗せることで耳をふさぐことなく音楽を聴くことができる。

イヤホンではなくスピーカーということで当然音漏れはするため、屋内など他人の迷惑にならない場所で使うのがベター。ただ、音質はさすがのBoseといったところ。イヤホンやヘッドホンのように完全に耳をふさぐことがないため、音楽を聴く際のひとつに選択肢になることは間違いないだろう。

今回の日替わりセールで、「SoundWear Companion speaker」 は通常価格から28%オフの24,750円で販売中だ。

Bose SoundWear Companion speaker ウェアラブルネックスピーカー
BOSE (2018-03-29)
売り上げランキング: 2,233

そしてもう一品、耳栓型睡眠用イヤホン 「Bose Noise-Masking Sleepbuds」 は、ユーザーの快眠を目的に作られたワイヤレス耳栓。一般的なイヤホンのように好きな音楽を聴くといったことはできないが、Boseの持つ高度なノイズマスキング機能が搭載されており、周囲の雑音が気にならないヒーリング音を再生、快適な睡眠に没入できるように作られているのが最大の特徴だ。

用意されているマスキング用・リラクゼーション用音源は、木の葉のざわめきや静かな波の音など全10種類。これらを再生することで周囲の犬の鳴き声や車や電車の交通騒音、一緒に寝る人のいびきなどが気にならなくなる。この音源は単なる環境音楽やリラクゼーション音楽を流すのではなく、音響心理学などを駆使し、周囲の音が気にならなくなるようになる音や音楽によって作り出しているという。

再生するヒーリングサウンドはスマホにインストールした専用アプリから選ぶことが可能。同アプリでは他にもボリュームの調整やオフタイマーの設定、目覚まし用アラームの設定などができるようになっている。

また、同製品は横向きに寝ることができるように耳の中から必要以上に出っ張らないように設計されている。睡眠のために使用することが前提なので、重量は1.4gととても軽く、サイズも縦横1~2cm程度とコンパクトに作られている。

イヤホン単体でのバッテリー持続時間は最大16時間で、2晩は持つ設計。イヤホンはバッテリーを内蔵した専用ケースに入れることで充電ができ、約1回分のフル充電が可能だ。

つまり単純計算だと4日に1回、イヤホンとバッテリーケースを充電するだけで毎日連続で使用できることになる。数日程度の小旅行であれば、バッテリーケースの充電は不要だろう。

Bose Noise-Masking Sleepbuds」 は通常32,400円で販売されているが、現在は通常価格から21%オフの25,500円で購入可能。同製品はセールになる機会がほぼないので、欲しかった方はぜひこの機会に購入を。購入は以下からどうぞ。

BOSE NOISE-MASKING SLEEPBUDS ノイズマスキングイヤープラグ
BOSE(ボーズ) (2018-09-06)
売り上げランキング: 7,144
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。