「Bose QuietComfort 45 headphones」 が正式発表。ノイキャン性能向上、外部音取り込み機能が搭載。バッテリー持ちも改良

現地時間8月31日、米Boseは新型オーバーイヤー型ヘッドホン 「Bose QuietComfort 45 headphones」 を発表した。

価格は329ドル、本日から米Bose公式サイトにて予約受付が開始されている。いま注文すると、9月23日に届くとのこと。

「Bose QuietComfort 45 headphones」 正式発表

「Bose QuietComfort 45 headphones」 は、Boseのオーバーイヤー型ヘッドホン 「Bose QuietComfort 35 II headphones」 の後継機。

先代モデルからの変更は、バッテリー持ちとアクティブノイズキャンセル機能の改良、内蔵マイクの集音性能の向上。外部音取り込み機能の搭載のほか、搭載ポートがmicroUSBからUSB-Cポートに変更されている点などが挙げられる。

デザインは Bose QuietComfort 35 II headphones」 の要素を多く踏襲するようで、ボタンや電源などの配置は先代モデルからほとんど変わりはないようだ。従来どおり折りたたみが可能で、ヘッドホンケースに収納して持ち運びをすることが可能。

本製品には高性能アクティブノイズキャンセリング(ANC)機能を搭載しており、静かな環境で音楽を聴くことが可能。ノイズキャンセリング機能はQuietとAwareの2モードが用意されており、前者はノイズキャンセリング機能、後者は周囲の音を集音する外部音取り込み機能になっている。ヘッドホン左側にあるボタンで各モードの切り替えが可能だ。

ノイズキャンセリング機能は先代モデルから進化している。通勤電車やオフィスなどの環境で存在する、ミッドレンジ周波数をより多く排除できるようになったという。

マイク性能も強化されている。装着者の声だけを拾えるビームフォームアレイを搭載。また、周囲の音が通話相手に届かないようにするリジェクションアレイも実装されているとのことだ。

「Bose QuietComfort 45 headphones」 にはマルチポイント接続(最大2台)に対応するBluetooth 5.1が採用されるほか、3.5mmオーディオジャックが搭載、有線での接続もサポートする。

バッテリーは最大24時間。フル充電には2.5時間かかるが、15分の充電で3時間利用できる急速充電に対応する。

価格は329ドル、本日から米Bose公式サイトにて予約受付が開始されている。カラーラインナップはホワイトスモークとブラックの2色。いま注文すると9月23日に届くとのこと。

なお、日本のBose公式サイトではまだ発表されていないが、専用バナーが用意されていることから、まもなく正式発表となるのではないだろうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。