Bose初のオーディオサングラス 「Bose Frames」 が日本で発売

10月3日、Bose初となるBluetooth対応オーディオサングラス 「Bose Frames」 が日本で発売した。価格は27,500円(税込)で、すでにBose公式サイトAmazonなどで販売が開始されている。

BOSE FRAMES ALTO ワイヤレスオーディオサングラス
BOSE(ボーズ) (2019-10-03)
売り上げランキング: 11,304

Bose初のオーディオサングラス 「Bose Frames」 が日本でも発売

「Bose Frames」 は、サングラスにワイヤレスイヤホンを組み合わせたウェアラブルデバイス。一般的なサングラスのように太陽光を和らげ、目を保護するだけでなく、こめかみの部分に搭載された小さなスピーカーから音楽を流してオープンイヤー型のワイヤレスイヤホンのようにも使うことができる。

サングラスの形状は一般的なスクエアタイプで、どんな服装や髪型にも合わせることができる。ガジェット感が大きく出すぎたデザインにはなっていないため、一般的なサングラスと同じような感覚で使うことができるはずだ。

こめかみ部分にはBose独自の超小型化スピーカーが搭載されていて、周囲を気にせず音楽を聴いたり通話することが可能。オープンイヤー型なので周囲の音も聞くことができ、車通りの多い道などでも安心して使用できる。

本体の右側には小さなマルチファンクションボタンが搭載されており、電源のオン・オフや通話の受話・拒否、音楽の再生・一時停止など様々な操作がこのボタン1つでできるようになっている。SiriとGoogleアシスタントにも対応しており、同ボタンで呼び出すこともできる。

バッテリー持続時間は、音楽再生時で最大3.5時間、スタンバイモードでの待機時で最大12時間。本体は最大2時間でフル充電可能だ。

また、Boseの音声ARプラットフォーム 「Bose AR」 に対応することも発表されている。同機能は9軸のヘッドモーションセンサーと接続中のスマートフォンから取得したGPS情報を利用してユーザーの位置や方向を把握し、アプリを通じて様々なオーディオコンテンツを提供するというもの。こちらの機能は近日公開予定となっていて、ソフトウェア更新で利用できるようになるとのことだ。

「Bose Frames」 は27,500円(税込)で購入可能。オプションとして交換レンズも提供されており、ミラードシルバー(偏光レンズ、税込3,850円)やブルーグラディエント(非偏光レンズ、税込2,750円)を利用することも可能だ。

BOSE FRAMES ALTO ワイヤレスオーディオサングラス
BOSE(ボーズ) (2019-10-03)
売り上げランキング: 11,304
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。