Bose、新型ヘッドホン 「QuietComfort 45」 10月28日国内発売。本日より予約開始

Boseは新型ワイヤレスヘッドホン 「QuietComfort 45」 を10月28日に国内発売する。価格は39,600円(税込)、本日10月14日よりボーズ・オンラインストア、Bose製品を取扱う実店舗、ECサイトにて予約受付を開始している。

Bose、新型ワイヤレスヘッドホン 「QuietComfort 45」 を発売

「Bose QuietComfort 45」 は、「QuietComfort 35 II」 の後継モデル。進化したノイズキャンセリングモード 「Quiet」 に加えて、外部音取り込みモード 「Aware」 を搭載したワイヤレスヘッドホンだ。

「Quiet」 モードでは、イヤーカップの内側と外側に搭載したマイクとBose独自のデジタルチップを組み合わせて、通勤電車やオフィスなどで生じる中音域ノイズを検知し、打ち消す。静寂の中で音楽やポッドキャスト、映画などを楽しめる。「Aware」 は周囲の音を拾うことができるモードで、ヘッドホンをつけたまま歩いたり、会話することも可能だ。

「Bose QuietComfort 45」 のノイズキャンセリング機能は、通話や音声コマンドの際にも活用される。内蔵されたビームフォーミングアレイがユーザーの声を分離・認識し、同時にリジェクションアレイがカフェでのコーヒーミルの音や犬の鳴き声など周囲から聞こえる雑音を抑制、遮断することが可能だ。

デザインは、先代モデルのアイコニックな外観をベースに、一日中使える快適性・安定性をすべて継承。イヤークッションはソフトな装着感が特長。プリーツがなく、コンポーネント間の継ぎ目や接合部は滑らかに仕上げられている。折りたたみに引き続き対応し、付属のキャリーケースに収納し持ち歩くことができる。

右イヤーカップに、音量アップ・ダウン、電源/Bluetoothボタンに加えて、着信の応答/終話と音楽再生/停止ボタンが内蔵されている。このボタンは音声アシスタントを呼び出す際にも使用する。

左イヤーカップには、QuietとAwareモードの切り替えや通話中にマイクをミュートするためのアクションボタンが内蔵されている。

バッテリー駆動時間は最大24時間。USB-Cポートが搭載されており、同ポートで充電することが可能だ。

カラーラインナップはブラックとホワイトスモークの2色。価格は39,600円(税込)、本日10月14日よりボーズ・オンラインストア、Bose製品を取扱う実店舗、ECサイトにて予約受付を開始している。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。