バッファロー版nasne、「ニコニコ実況連携」 機能を提供開始。まずはPS5で利用可能に

4月13日、バッファローは同社製 「nasne」 において、ニコニコ実況連携の提供を開始したと発表した。

今回はPS5向けTVアプリ 「torne」 のアップデートによってPS5で利用できるようになっており、PS4、iPhone、iPad、Androidは今後順次公開していく予定であるとのことだ。

「ニコニコ実況連携」 機能は、torneに用意されていたニコニコ実況機能との連携機能。テレビを視聴しながらニコニコ実況で投稿されたコメントを同時に楽しめるサービス。

2020年12月16日にAdobe Flash Playerのサポートが終了したことに伴いtorne上のサービスが停止されていたが、バッファローとSIE、そしてドワンゴの3社の協力と再開発によって復活を遂げた。

同機能の提供にともない、バッファローは今後のTV視聴文化の新たな創出およびインターネット文化の振興をドワンゴと協業し、発展に貢献するための取り組みとして、『ニコニコ実況のオフィシャルスポンサー』に就任し、支援してことも発表している。

バッファロー製 「nasne」 は、かつてSIEが販売していた 「nasne」 をバッファローが事業継承により新たに発売したハードディスク・レコーダー機能搭載ネットワークストレージ。地上・衛星(BS・110度CS) の3波のデジタルチューナーを搭載し、番組の視聴や録画による視聴をPS4/PS5で可能にする。

また、ネットワークを介することでスマートフォンやタブレットなどを使い、自宅外からでも番組を視聴できる。内蔵ストレージ容量は2TBで、最大6TBの外付けストレージをサポートするため、合計8TBのストレージを利用できる。

(画像:ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

©Buffalo Inc.

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。