バッファロー、国内初のWi-Fi 6E対応無線ルーター 「WNR-5400XE6」 発売。単体/2台セットモデルの2ラインナップ

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

9月5日、バッファローはWi-Fiの最新規格 「Wi-Fi 6E」 に対応した無線ルーター 「WNR-5400XE6」 シリーズの出荷を開始した。価格はオープン。予想実売価格は単体モデルが22,980円前後、2台セットモデルが43,980円前後。

「WNR-5400XE6」 は、日本国内ではじめてWi-Fiの最新規格 「Wi-Fi 6E」 に対応した無線LANルーター。最大2.5Gbpsに対応したINTERNETポートを搭載したトライバンドモデルで、6GHz最大2401Mbps、5GHz最大2401Mbps、2.4GHz最大573Mbps(いずれも理論値)の合計3つの帯域を各2ストリームずつ、計6ストリーム (2+2+2) に対応する。有線LANポートは、最大1Gbpsに対応したポートが3つ搭載されている。

「Wi-Fi 6E」 は、Wi-Fi 6 (IEEE 802.11ax) の周波数帯域を増やすことで、従来の2.4GHz帯/5GHz帯に加えて、6GHz帯の利用が可能となる拡張規格。従来の周波数帯では、Wi-Fi電波の混雑や、電子レンジの使用などによる電波干渉、気象・航空レーダーを検知した場合に通信断が発生してしまうことがあるが、新たに混雑/干渉のすくない新しい6GHz帯を利用することで、より高速で安定した通信環境が構築できることが期待される。なお、160MHz幅のチャネルを最大3チャネル形成することが可能。利用するには、ルーター側だけでなく6GHz帯に対応したデバイスが必要。

Wi-Fi 6Eは海外などではすでに利用することが可能だったが、こと日本においては国内の規制法により使用が認められていなかった。しかし、2022年9月2日に 「電波法施行規則等の一部を改正する省令」 が公布され、ついに国内でも6GHz帯を利用した無線LANが利用できるように。

バッファローは今年6月、年内の国内法令整備を見据えて、業務用のWi-Fi 6E対応アクセスポイント 「WAPM-AXETR」 の投入も準備を進めていると発表。さらに、今年7月にはWi-Fi 6Eに対応したWi-Fiルーターを発売すると発表していた。今回発売した 「WNR-5400XE6」 はその第1弾となる。

ちなみに、Amazon.co.jpでは単体モデルが22,980円、2台セットモデルが43,980円(税込)で本日より販売が開始されている。

関連記事
バッファロー、法人向けWi-Fi 6対応アクセスポイント 「WAPM-AX4R」 8月上旬から出荷開始

(画像提供:バッファロー)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

©Buffalo Inc.

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。