Appleが配信中の「Carpool Karaoke」がエミー賞のバラエティ・短編部門にノミネート

現在、Appleが配信を行っている「Carpool Karaoke(カープール・カラオケ)」がエミー賞のバラエティ・短編部門にノミネートされたことが分かった。

「Carpool Karaoke: The Series」は、全米で人気のトークバラエティ番組「The Late Late  Show」の番組内コーナー「Carpool Karaoke(カープールカラオケ)」のスピンオフシリーズ。

「The Late Late  Show」のメイン司会者であるJames Corden(ジェームズ・コーデン)氏が、世界中の著名人をゲストに招き、自動車を運転しながら車内でカラオケを熱唱するというコミカルな内容となっている。

同番組は2017年8月にApple Musicで配信が開始。当時はApple Musicを契約している有料会員のみが視聴できるコンテンツとして配信が行われていたが、今年5月からは「TV」アプリを利用することで誰でも無料で視聴できるようになっている(日本では「TV」アプリは未配信のため同アプリでの視聴は不可能)。

エミー賞のバラエティ・短編部門には「Carpool Karaoke」の他にも6つの人気番組がノミネートされている。これらの番組を押しのけて「Carpool Karaoke」はエミー賞を受賞することができるのか、続報に期待だ。

エミー賞の授賞式は2018年9月18日(火)午前9時から開催予定。日本ではFOXテレビが生中継を行うことが発表されている。

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。