Microsoft Store、アプリ開発者への収益分配率を95%に改定

現地時間7日、Microsoftは開発者向けイベント「Build 2018」を米シアトルで開催。同イベント内で、「Microsoft Store」の収益分配率を95%に引き上げる計画であることを発表した。

現在、Microsoft Storeのアプリ開発者への収益分配率は70%に設定されており、同ストアを通じて販売されたアプリで得られた収益の7割は開発者側に入ることになっているが、2018年内には同分配率が95%に引き上げられる予定であるとのこと。対象はWindows 10、Windows Mixed Reality、Windows Phone、Surface Hub向けのMicrosoft Storeで販売されたアプリケーション。サブスクリプション、アプリ内課金に関しても同率に変更される。

ただし、ゲームアプリは従来と変更なく70%を維持されるとのことだ。Xbox OneのMicrosoft Storeや「Microsoft Store for Business」や「Microsoft Store for Education」で販売されたアプリに関しても、従来の分配率から変更はない。

さらに、Microsoft Storeでオススメ紹介するなどのプロモーションやMicrosoft側の貢献が絡んだ場合については、85%の収益分配率が適用されるという。

Microsoftが収益分配率を改定する理由は、アプリ開発者がより多くの収入を得ることができるようにするため。すでにAppleやGoogleといったライバル社は、アプリ開発者に対する収益分配率を変更していることから、これらに対抗する意識もあるとみられる。

ただし、App StoreとGoogle Play Storeは70%(サブスクリプションを1年以上継続した場合は85%)であることから、Microsoftの収益分配率の高さだけを考えたら、Microsoft Storeは魅力的に見えるかもしれない。

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Microsoft、Series X ロゴ、Series S ロゴ、Series X|S ロゴ、Xbox One、Xbox Series X、Xbox Series S、Xbox Series X|S は Microsoft グループ企業の商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。