CIO-G65W2C1A レビュー | 最大65W出力の3ポート充電器。MBPもフルスピード充電可

6月8日、株式会社CIOはマルチポート充電アダプター 「LilNob」 こと 「CIO-G65W2C1A」 の一般販売を開始した。

本製品は、クラウドファンディングサイト 「Makuake」 で630万以上の支援を達成した充電アダプター。クレジットカードの半分のサイズという驚異的なコンパクトさでありながら、最大65Wの高出力でUSB Type-C・Type-A対応機器を3台同時に充電できる優れモノだ。

今回、本製品の発売にあたって株式会社CIOから製品サンプルをいただき、本製品の実際の使い心地や仕様を確かめることができたので、当記事で詳しく紹介したいと思う。

LilNob (CIO-G65W2C1A) の製品仕様をチェック

こちらが今回紹介するマルチポート充電アダプター 「LilNob」 。

写真ではサイズ感が伝わりづらいかもしれないが、次世代半導体素材 「GaN (窒化ガリウム)」 の採用により、クレジットカードの約半分のサイズを実現しており、GaNを採用していない従来の充電アダプターに比べると圧倒的なコンパクトさを誇る。

Appleの61W純正アダプターと比較してもこのサイズ差。電源マルチタップに挿しても隣のコンセント穴に干渉しないようコンパクトに設計されている。

プラグは折り畳んで収納できるようになっていて、カバンやポーチに入れても他の物を傷つけることなく、安全に持ち運びが可能だ。

搭載ポートはUSB Type-Cが2つ、USB Type-Aが1つの合計3ポート。Type-Cポートはどちらも最大65W出力に対応しており、MacBook ProやNintendo Switch、iPhoneなどあらゆるデバイスを高速充電することが可能だ。Type-AポートはQuickCharge 3.0に対応しており、最大出力は30Wとなっている。

3ポートすべてを利用して同時にデバイスが充電できるため、例えばMacBook Airを充電しながらiPhoneとAirPodsを充電するという使い方が可能だ。複数デバイス充電時の各ポートの最大出力は以下の表のとおり。

Type-C1+Type-C2 45W+18W(最大63W)
Type-C1+Type-A 45W+18W(最大63W)
Type-C2+Type-A 最大15W
Type-C1+Type-C2+Type-A 45W+15W(最大60W)

実際にデバイスを充電してみた。

まずはType-Cポートで13インチMacBook Proを単体充電したところ、約60Wで充電できた。この状態でもう1つのType-Cポートを使ってiPad Proを充電すると、13インチMacBook Proは約40W、iPad Proは約12Wで充電できることを確認できた。

さらにType-AポートでiPhoneやApple Watch、AirPodsも追加で充電可能。搭載されている3つのポートを利用することで最大で3台のデバイスを同時に充電することができた。計測したところ、本製品が出せるパワーを最大限に使って各デバイスを充電できていたようだ。

そのほかにもMacBookとiPhoneを2つのUSB Type-Cポートで高速充電したり、MacBook Proを充電しながら、USB Type-C充電に対応するデジタル一眼レフカメラを充電したりと様々な使い方ができた。やはり3つのUSB充電ポートが搭載された製品は使い方が多様で使いやすい。旅行など複数人でデバイスを充電する際には便利に使うことができそうだ。

ただし、本製品には注意して欲しいことがある。それはMacBook Proなどの60W以上の高出力を必要とする製品を充電する場合、充電器本体がかなり高温になってしまうことがあるということ。

たとえば前述のMacBook Pro、iPad Pro、iPhoneの組み合わせで充電した際、ほぼ最大出力の60〜65Wで各デバイスを充電していたところ、充電をスタートさせてから10分程度で手で持てない程度まで温度が上昇してしまっていた。もちろん何度か検証してみたが、残念ながらこの現象は1回限りではなく数回確認できてしまった。

長く触ると火傷もあり得る温度だったため、前述のとおり60W以上の高出力を利用する製品を充電する際は、充電器本体の温度に注意が必要だ。

まとめ

LilNob」 のデザインや仕様をチェックしてみて、本製品はMacBookもしくはiPad Proを普段から持ち歩くことが多く、かつiPhoneなどのスマートフォンやAirPods Proといった小型デバイスを使用するユーザーにぴったりの製品だと感じた。

最近はUSB Type-Cポートを搭載するデバイスが多くなってきているが、いまだにType-Aポート経由で利用するMicroUSBやLightningなどの端子を持つデバイスも多く存在するため、Type-Cポートが2つとType-Aポートが1つという組み合わせは多くのユーザーにマッチするのではないだろうか。

ただし、前述のとおり発熱など注意な場面もあった。充電自体は問題なさそうではあるが、充電に使用したあとすぐに触ったりする際は少し熱を冷ましてからにした方が安全だろう。それかiPad ProやiPhoneなど最大出力に達さない程度(60W出力以下)で充電する製品のためのものとして利用することを筆者はオススメしたい。

LilNob (CIO-G65W2C1A)」 は、Amazonや楽天など各ストアで販売が開始されており、市場想定価格は5,498円(税込)。現在はクーポンコード 「LILNOB65W」 を利用することで498円オフの4,980円(税込)で購入可能だ。

クーポンの利用は6月15日(月)23時59分までとなっているので、欲しい方はぜひクーポンの有効期限内に購入していただければと思う。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。