コンパクトモバイルバッテリー 「SMARTCOBY」 レビュー

近年、モバイルバッテリーのスマート化が進んでいる。デバイスの充電とモバイルバッテリー自体の充電のどちらにも対応できるUSB Type-Cポートが搭載されたり、高出力化によりデバイスを早く充電できるようになったり。

さらに最近ではコンパクトサイズのモバイルバッテリーも増えてきたが、「SMARTCOBY」 もそのひとつだ。本製品はクラウドファウンディングサイトMakuakeで500万円以上の資金を集めたモバイルバッテリーで、ポケットに入る名刺サイズでありながらPD3.0やQC4、パススルー充電に対応するなどハイスペックさが魅力。

今回、本製品の販売元のCIOから 「SMARTCOBY」 の8000mAhモデルと10000mAhモデルのサンプルを提供していただいたので、使用感などを詳しくお伝えする。新たに購入するのはもちろん、従来まで使っていたモバイルバッテリーの買い替え対象として検討してみてはどうだろうか。

デザイン

こちらが今回紹介するモバイルバッテリー 「SMARTCOBY」 。左が8,000mAhモデル、右が10,000mAhモデルだ。

同製品のもっとも大きな特徴は大容量の割にコンパクトなこと。縦横の幅は8,000mAhモデルも10,000mAhモデルもどちらも同じ65mm×90mm。厚さは8,000mAhモデルが13mm、10,000mAhモデルが22mmだ。

ジーンズのポケットにも楽々収納

このサイズはまさに名刺ケースと同じくらい。8,000mAhや10,000mAhというとモバイルバッテリーとしては中〜大容量の部類に入るが、ここまでコンパクトになるとは。重量も8,000mAhモデルが137g、10,000mAhモデルが176gと軽量で、ポケットやカバンに入れて歩いても疲れることはないはずだ。

表面はスルスルと心地よい手触り

本体側面には電源スイッチが搭載。基本的に 「SMARTCOBY」 はスマートフォンなどのデバイスを接続すると自動で充電が開始されるようになっているが、もし充電が開始されない場合はこちらの電源ボタンを押せば良い。

反対側の側面にはバッテリー残量確認用のLEDが搭載されている。こちらのLEDの点灯状態でバッテリー残量がどれくらいなのかをパッと確認することが可能だ。また、「SMARTCOBY」 本体の充電をする際に急速充電で充電するとLEDの1つが緑色に点灯し、急速充電できていることを確認できる。

本体上部には複数の充電ポートが並ぶ。搭載されている充電ポートの種類や個数は8,000mAhモデルと10,000mAhモデルで異なるが、どちらも共通しているのが入出力に対応したUSB Type-Cポートが搭載されていること。同ポートを利用することでSMARTCOBY本体を充電すること、スマートフォンを充電することの両方が可能だ。

8,000mAhモデルはUSB Type-Cポートx1、USB Type-Aポートx1、Lightningポートx1 (入力のみ) の組み合わせ、10,000mAhモデルはType-Cポートx1、USB Type-Aポートx2、Micro USBポートx1という組み合わせだ。

USB Type-Cポートは18W出力のPD3.0/QC4に対応 (10,000mAhモデルはHuawei SCPの20W充電に対応するとあるが、メーカー非推奨なため利用しない方が良いかもしれない) 、USB Type-Aポートも18W出力のQC 3.0に対応する。

8,000mAhモデルは2台、10,000mAhモデルは3台のデバイスを同時充電することが可能だ。ちなみにどちらもパススルー充電に対応しており、SMARTCOBYを充電しながらスマートフォンを充電することができる。

実際に使って性能を検証

本製品を使って実際に充電してみた。

まずはUSB Type-Cポートを使ってiPhoneを充電。USB-C to Lightningケーブルを使って、急速充電してみる。

結果は上記画像の通りで、16.2W(8.22V/1.97V)で充電できた。

iPhoneのバッテリー残量が少なかったため数字は高めに出たが、のちにバッテリー残量が多いときに検証したところ普段から12W以上の出力で程度で充電できることが確認できた。ちなみにこの急速充電はiPhone 8以降のデバイスで利用することが可能だ。

そして次はUSB Type-Aポート。こちらも8.84W(5.11V/1.73A) で充電できることが確認できた。写真に写る検証端末はHUAWEI nova 5Tだが、そのほかのデバイスを充電した時もだいたい同じくらいの出力になっていた。

2台のスマートフォンを同時に充電したときはUSB Type-Cポートが約7W、USB Type-Aポートが約8Wとそれなりに高速。スマートフォンのバッテリーを回復させる用途であれば十分な性能であると言えるだろう。

まとめ

SMARTCOBY」 は、他社製のモバイルバッテリーに比べると容量の割にコンパクト&軽量で持ち歩き時の負担が少なく普段使いにぴったり。容量的にはスマートフォンを2~3回充電できるほどで、各種急速充電規格にも対応しており、まさに使いやすさと実用性を兼ね揃えたモバイルバッテリーと言えるだろう。

容量は8,000mAhと10,000mAhの2種類が用意されているが、筆者のオススメは小型の8,000mAhモデル。薄さはもちろんなのだが、iPhoneユーザーであればLightningケーブル1本でモバイルバッテリー本体への充電とデバイスの充電の両方をまかなえるため、持ち歩くケーブルが少なくて済むという利点があるからだ。もちろんバッテリー容量が大きい方がお好きな方は10,000mAhの方を選んでいただきたいが、どちらかで迷っている方は、ぜひ参考にしていただければと思う。

「SMARTCOBY」 は8,000mAhモデルが3,608円、10,000mAhモデルが4,378円で販売中 (いずれも税込) 。どちらもAmazonで購入可能だ。

カラーは8,000mAhモデルがピンク・ブラック・ホワイト・ライトグリーンの4色、10,000mAhモデルがネイビー×ブラックとホワイト×ピンクの2色。色によってかなり雰囲気が変わるので、ぜひお好みのカラーをどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。