Clubhouse、ルームの録音データをアーカイブ化できるリプレイ機能を提供開始

11月9日、音声ベースのSNS 「Clubhouse」 は、ルームの録音データをアーカイブ化できる 「Replay (リプレイ) 機能」 を全世界のユーザーに対して提供開始した。提供はiOS、Androidに順次とされており、現在利用できないユーザーもまもなく利用可能になるとみられる。

また、上記機能とは別に、ルームに参加したリスナー数を表示する 「Total Listener Count (トータルリスナーカウント)」 の提供も開始した。本機能は、Replay機能を利用して視聴したユーザー数もカウントする。

Replay機能

Replay機能は、ルームやClubの主催者が会話を録音し、プロフィールやClubに保存してアーカイブ化できる機能。

Replay機能は、パブリックルーム(公開ルーム)でのみ利用可能で、クリエイターはルームの作成時にReplay機能のON/OFFを選択する必要がある。提供開始時点では、途中から録音を開始することはできず、またルーム開催中にReplay機能をOFFにすると、それまでに録音したデータはすべて削除される。

Replay機能がONのルームにおいてスピーカーとして登壇し、15秒以上音を発したとアプリが判断した全てのユーザーのプロフィールにReplayとしてデータがアーカイブされる。プロフィールやClubにアーカイブされた録音は、いつでも削除することができる。

ルームの作成者は、Replay機能を利用して録音したデータをダウンロード (MP3ファイル) することができるため、音声を編集してClubhouse以外のプラットフォームでの共有が可能。

スピーカースキップ機能

ClubhouseユーザーがReplay機能を利用して録音された音声を聞く際には、早送り・早戻しができるだけでなく、スピーカーのスキップ機能が搭載されているため、好きなクリエイターの話のみを聞いたり自身にとって重要な部分を集中的に聞いたりすることが可能。

Total Listener Count

ルームに参加したユーザーの総数がクリエイター向けに表示される新機能 「Total Listener Count (トータルリスナーカウント)」 の提供も開始される。

ルームのライブ配信に参加したユーザー数だけでなく、Replay機能を活用してルームを聴いたユーザーの数も表示されるため、クリエイターにとっては、自身のルームに参加した正確な人数を把握することができる。

▼ Clubhouseをインストールする
iOS版 (App Store)
Android版 (Google Play)

画像提供:Clubhouse

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。