新型コロナ接触確認アプリ、7月3日から陽性者との接触の可能性が通知されるように

7月3日から、新型コロナウイルスの接触確認アプリ (COCOA) で、陽性者との接触の可能性が通知されるようになる。

厚生労働省は、接触確認アプリで陽性者として登録するための処理番号の発行を7月3日から開始することを発表した。陽性者が処理番号をアプリに登録することで、陽性者との接触の可能性について通知が受け取れるようになる。kann

処理番号は新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム (HER-SYS) から発行される仕組みで、ユーザーは発行された処理番号をアプリ内の 「陽性情報の登録」 から入力することで自分を陽性者として登録できる。

陽性者としての登録が完了すると、そのユーザーが過去14日間に接触した可能性がある全ユーザーに接触の可能性が通知されることになる。

陽性者として登録したり、接触の可能性の通知を受け取れるようにするにはアプリのアップデートが必要。iOS版は6月30日、Android版は7月1日にアップデートの配信が始まっているため、まだアップデートをしていない人はアプリを最新の状態に更新しておこう。

関連記事
新型コロナウイルス接触確認アプリ 「COCOA」 配信開始。公開から1ヶ月間はプレビュー版として配信

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。