コインチェック、流出した仮想通貨NEMを日本円で返金する方針を発表 保有数×88.549円で

仮想通貨を取り扱う国内大手取引所「コインチェック」は、1月28日、不正アクセスによって流出した仮想通貨NEMに対して、補償を行う方針を明らかにした。

発表内容によると、対象となるNEMの保有者全員(約26万人)に対し、1XEMあたり88.549円で計算し、日本円(JPY)での返金を行うとのこと。返金総額は約460億円になる。

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。 

返金原資は自己資金で実施すると発表しているが、補償時期や手続きの方法に関しては現在検討中としている。

コインチェックは「今般の不正送金に伴い、一部サービスの停止などお客様、取引先、関係者の皆様にご迷惑をおかけしており、重ねてお詫び申し上げます。原因究明、セキュリティ体制の強化などを含めたサービスの再開に尽力するとともに、金融庁への仮想通貨交換業者の登録申請の継続的な取り組みも併せて、今後も事業を継続して参りますので、引き続き、宜しくお願い申し上げます。」とコメント。今後も事業を継続する考えであることを明らかにしている。

コインチェックは国内大手仮想通貨取引所のひとつだが、同社は1月26日、顧客から預かっていた仮想通貨NEMのほぼ全額が、不正アクセスによって外部に流出したことを発表した。同日正午に全通貨の出金が停止されており、さらにはNEM以外の通貨取引も停止、現在も復旧のめどは立っていない。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。