コインチェック、日本円の出金再開を発表

多額の仮想通貨を流出した仮想通貨取引所のコインチェックは、これまで停止していた日本円の出金を再開することを正式に発表した。

同社の発表によると、出金管理機能において、外部専門家による協力のもと技術的な安全性の確認を完了したとのこと。2月13日から出金に係る業務を再開し、順次出金を再開していくことを明らかにしている。 

出金処理は申請をしている順で対応。そのため、指定口座への実際の着金まで時間がかかるケースもあるとしている。

コインチェックは先月26日、約580億円分の仮想通貨NEMを不正アクセスによって流出していた。これにより、安全性の確認と原因究明のために一時的に取引の停止および出金停止措置を行っていたが、先月31日に出金手続きの再開を数日以内に再開することを発表していた。

ただし、流出した仮想通貨NEMを所有していた顧客への補償時期や、現在も顧客から預かっている仮想通貨の出金再開のめどは依然として立っていない。これらについて、コインチェックは技術的な安全性等の確認・検証を行なっている段階で、安全性が確認でき次第再開する見通しであるとしている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。