ColorWare、AirPods(第2世代)の塗装サービスを開始

各種Apple製品の塗装サービスを提供している米ColorWareが、先日発売した 「AirPods(第2世代)」 の塗装サービスを開始した。

AirPods(第2世代)と充電ケースの塗装はもちろん、ワイヤレス充電ケース単体の塗装も可能。AirPodsを好きなカラーにカスタマイズしたい方は必見だ。

AirPods(第2世代)を自分の好きなカラーに塗装

ColorWareの塗装サービスは、まずはユーザーがColorWare公式サイトからカラーを選択して注文すると、ColorWare側がAppleから製品を購入、その後塗装を施してユーザー側に発送する流れとなっている。

塗装できるカラーは全部で64種類で、SolidやMetallicといった仕上げにこだわることもできる。光沢のないマット仕上げも選択可能だ。

また統一感はなくなってしまうが、AirPodsの左右と充電ケースのそれぞれに違うカラーを施すこともできるようになっている。かなり奇抜なデザインになってしまうものの、強烈な個性を周囲にアピールしたい場合はアリかもしれない。

価格はAirPods(第2世代)本体とワイヤレス充電対応ケースのセットが339ドル、通常の充電ケースとのセットが299ドル、ワイヤレス充電ケース単体の場合は129ドルとなっている。

AirPods本体と充電ケースの両方を塗装する場合は140ドル、充電ケース単体を塗装する場合は50ドルをApple公式サイトでの販売価格に上乗せするイメージだ。

同サービスは日本への発送にも対応しているため、もしオリジナルカラーのAirPods(第2世代)が欲しいなら注文してみてはどうだろうか。注文はColorWare公式サイトからどうぞ。

関連記事
AirPods(第2世代/2019) 実機レビュー | 性能向上も購入するべきか検証してみた
【比較】新型AirPods (第2世代) は初代モデルからどう進化した?機能・スペック徹底比較 初代モデル所有者は買い換えるべきか
【比較】AirPodsとPowerbeats Pro、どちらを買うべき?性能・音質・バッテリー持ちなど比較してみた

Apple公式サイトでAirPodsシリーズを購入する
▶︎ AirPods Pro ▶︎ AirPods (第3世代)
▶︎ AirPods (第2世代) ▶︎ AirPods Max

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。