Twitter for Macが復活。Mac Catalystで実現

TwitterがMacに帰ってきた。本日10月11日から 「Twitter for Mac」 がMac向けに提供が再開されている。

これまでMacでは様々な形でTwitterを利用できたが、公式アプリに関しては2018年2月を最後に提供が終了していた。

Twitter for Macの提供再開は、macOS Catalinaの新機能「Mac Catalyst」 のおかげで実現。Mac CatalystとはiOS向けアプリをmacOSで利用できるためのもので、今秋から配信が開始されたmacOS CatalinaではiPadOS向けアプリがMacに移植可能だ。

「Twitter for Mac」 は、Mac App Storeから無料でダウンロード可能だ。もちろん、利用するにはmacOS Catalina 10.15をインストールしている必要がある。ちなみにmacOS Catalinaのダークモード機能をネイティブサポートしており、Mac側でダークモードを有効にしている時は自動的に 「Twitter for Mac」 もダークモードを有効にする設定になっている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。