【比較】iPad Proの画面がいかに巨大かわかる画像が公開 初代iPhoneの30倍

iPad Pro」が発売されて数日が経つが、新しいデバイスにはもう慣れただろうか。僕も先ほど実機を触ってきたが、予想以上に大きいという印象を受けた。

ではどれほど大きいのだろうか。そんな疑問を解決する「iPad Proのディスプレイがどれほど大きいのか比較した画像」が公開されているので紹介する。

初代iPhone30個分の大きさ

ブロガーのDennis Moore氏によると、「iPad Pro」のディスプレイの大きさは、初代iPhoneの30倍の大きさであるとのこと。こちらがその比較画像だ。

ipad-pro-vs-original-iphone

でかw

初代iPhoneの解像度は320×480なのに対し、「iPad Pro」のディスプレイは12.9インチ、解像度は2,732×2 ,048と非常に高い解像度の出力が可能になっている。

「iPad Pro」のアプリアイコンの間に初代iPhoneがすっぽり

「iPad Pro」は横にした時、アプリアイコンの間隔が324pxある。初代iPhoneの横幅は320pxなので、アイコン同士の間にすっぽり入ってしまう。

こちらは、「iPhone 3G」「iPhone 4」「iPhone 5」と初代iPadを比較したもの。すべてのデバイスが入ってもまだ余裕のあるほどの解像度であることがわかる。

ipad-pro-more-screen-comparisons

こちらは「iPhone 6 Plus」との比較画像。「iPhone 6 Plus」が2つ入ってもまだ余裕そうだ。

iphone-6s-ipad-pro

アイコン同士の間があまりに広すぎて、もっといっぱい表示しても良かったんじゃないか、と不満の声も上がっているようだが、とにかく大きい「iPad Pro」の解像度の凄さについて分かっていただけただろうか。

[ via 9to5Mac ]

ipad-pro-more-screen-comparisons
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう