クックパッド、生鮮食品ネットスーパー「クックパッドマート」発表 2018年夏から東京(一部地域)でサービス開始

クックパッド株式会社は、生鮮食品ネットスーパー「クックパッドマート」を、2018年夏に東京の一部地域で提供開始することを発表した。併せて本日から、ティザーサイトを公開し「販売店」として参加する販売者・生産者や、「受け取り場所」として参加する店舗・施設等のパートナーの募集を開始する。

生鮮食品ネットスーパー「クックパッドマート」、2018年夏にサービス開始

クックパッドマートは、精肉店や鮮魚店、ベーカリーなど地域で有名な店や農家の「こだわり食材」をアプリから購入できる生鮮食品ネットスーパー。「焼きたてパン」や「朝採れ野菜」などの新鮮な食材を、販売店から集荷した当日に受け取ることができる。

注文は1品からでも可能で、送料は完全無料。毎回必要な分だけ手軽に購入することができるとしている。

提供地域の様々な店舗・施設等に設置された「受け取り場所」の中から、利用者が選んだ場所・時間に商品を受け取るシステム。日中忙しくて買い物をする時間がない方でも、新鮮なこだわり食材を手軽に入手することができる。

サービス対象地域は、東京の一部地域(渋谷区・世田谷区・目黒区)のみで、提供地域は順次拡大予定だという。提供開始は2018年夏を予定している。

また、同時にクックパッドマートに参加するパートナーを募集している。

「販売店」として参加する販売者・生産者や、「受け取り場所」として参加する店舗・施設等のパートナーを募集しており、その他、サービスとの将来的な提携などを考える様々な企業からの問い合わせも募集中。

「販売店」としての参加パートナーは精肉店や鮮魚店、ベーカリーなどの販売者、おおび農業や畜産業などで直販可能な生産者を想定。こちらは東京・神奈川・埼玉・千葉が対象となっているが、提供地域は順次拡大予定だという。

また、「受け取り場所」としての参加パートナーは衣食住(洋品店、クリーニング店、食品・飲料・飲食店、不動産店等)他、各種店舗、または貸出スペースを用意できる施設運営者・事業者を想定している。サービス開始当初は渋谷区・世田谷区・目黒区のみが対象地域だが、こちらも提供地域は順次拡大予定だとしている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。