「Cortana」と「Alexa」の相互連携、現地時間15日から米国でパブリックプレビューが開始

米Microsoftと米Amazonは、それぞれの開発する人工音声アシスタント「Cortana」と「Alexa」の相互連携を、米国内で提供開始したことを発表した。

CortanaとAlexaの相互連携は2017年8月に発表されたもので、Cortanaを搭載したデバイスでAlexaを利用できるようになる。その逆も然り。当初は2017年内にリリースされる予定だったが、何らかの問題が発生したのかリリースが遅れて、今ようやく提供に漕ぎ着けた。

CortanaとAlexaが連携 声で別アシスタントを呼び出し可能に

この相互連携機能は、米国内の早期アクセスを希望するユーザーに向けて提供された、いわゆる「パブリックプレビュー」状態。全ユーザーが利用できるが、全てのデバイスで使えるわけではない。

利用できる環境は、「Windows 10」搭載PCと「Harman Kardon Invoke」スピーカー、もしくはAmazonが販売するスマートスピーカー「Amazon Echo」。これらのデバイスを利用しているユーザーは、パブリックプレビューを利用することが可能になる。

両アシスタントの連携によって、AlexaからCortanaにアクセスした場合はMicrosoftアカウントのメールを確認したり、To-Doリストの作成・追加などが可能だ。また、CortanaからAlexaにアクセスした場合はEchoと連携しているスマートホームデバイスを声で操作したり、Amazonでの買い物などが利用することが可能だ。

それぞれの音声アシスタントには、それぞれの得意な分野がある。例えば、「Cortana」はビジネスでの使用を前提に作られているため、リマインダーやカレンダーの設定が得意。そして、「Alexa」はAmazonが作ったこともあり、Amazonストアでのショッピングが得意。MicrosoftとAmazonがお互いの音声アシスタントを連携させる意図は、お互いの強みを共有することにある。

まだまだ、各アシスタントが持つ本来の機能の多くが利用できない印象だが、順次できることは増える予定であるとのこと。今後のアップデートに期待したい。

ちなみに、CortanaやAlexaから別のアシスタントを呼び出すには、「Hey Cortana, open Alexa」や「Alexa, open Cortana」と言うだけ。利用できる環境の方は試してみていただきたい。

Echo Spot (エコースポット) - スマートスピーカー with Alexa、ブラック
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。