カメラ展示会 「CP+2020」 開催中止に。新型コロナウイルス影響

今月27日から開催が予定されていたカメラ機器の展示会 「CP+2020」 が中止となることが決まった。中止は新型コロナウイルス (COVID-19) の影響を受けて。「CP+」 が開催中止となるのは今回が初めて。

CP+を主催するCIPA (一般社団法人カメラ映像機器工業会) は14日、公式サイトで 「新型コロナウイルスへの有効な治療薬や対処法の先行きが見通せない中、来場者および出展関係者の健康や安全面などを第一に考えた結果」 とし、開催中止を正式に発表している。

「CP+2020」 はパシフィコ横浜で今月27日から3月1日の間に開催が予定されていた大規模カメラ展示会。来場者は毎年6〜7万人で、今年は7万人を目標とし、東京オリンピックの開催を記念したイベントなどの開催も予定されていた。

新型コロナウイルスをめぐっては、2月末にスペイン・バルセロナで開催が予定されていたモバイル見本市 「MWC 2020」 の開催中止がアナウンスされたほか、いくつかの国際会議の開催中も相次いでいる。

関連記事
携帯見本市 「MWC 2020」 が中止。新型コロナウイルスの流行を懸念

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。