たくさんのカニが部屋に集結。話題の『Clubhouse』ならぬ『Crabhouse』がiOS向けに配信

突如として日本で流行りだした音声SNSの 「Clubhouse」 をもじった『Crabhouse』というアプリが配信され、話題となっている。

カニたちを眺めて遊ぶiOSアプリ『Crabhouse』が話題に

『Crabhouse』は、家に集まるカニを眺めて遊ぶゲームアプリ。本家の 「Clubhouse」 は音声SNSとしてテック業界を中心に広がりを見せているが、『Crabhouse』はドットで描かれたカニの声を聞くだけ。

ゲームを起動すると、プレイヤーは生活感あふれる部屋に誘われ、たくさんのカニに囲まれる。カニはさまざまな声を発する。「カニだって肺呼吸したい。」 「あああーーーー!ラーメン食いてえな!!!!?」 「夢はちゅうかがいのレストランに並ぶこと。」 などシュールな発言をしたり、本家の 「Clubhouse」 を意識した 「しょうたい してってば!たのむよぉ!」 という発言も。ちなみに、カニのしゃべるパターンは39パターン用意されているようだ。

カニの数は他端末で入ると増える仕様になっているとのこと。また、端末の数に関係なく増えたり減ったりするという。

ちなみに、このアプリは株式会社GAIBAKOが開発したものだ。同社トライバルデザイナーのGAI氏によると、Clubhouseの使い方が全然わからないため制作したとのこと。制作期間はわずか3日。誰かがゲーム起動するとカニが増えて、たまにしゃべる。それだけ。とコメントしている。

本家 「Clubhouse」 とは全く性質の異なるアプリではあるが、違う意味でいま流行っている『Crabhouse』、ぜひダウンロードしてみてはどうだろうか。価格は無料だ。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。