『Crysis Remastered』PS4・Xbox One・PCで9月18日発売 最大8K解像度、レイトレーシング対応

現地時間8月20日、ドイツのゲームメーカーCrytekは『Crysis』のリマスター版にあたる『Crysis Remastered』を2020年9月18日に発売することを発表した。対応プラットフォームはPlayStation 4/Xbox One/PC(Epic Games Store)とアナウンスされている。

『Crysis Remastered』PS4・Xbox One・PC向けに9月18日に発売

『Crysis』は、2007年にPC向けに発売したFPS(ファースト・パーソン・シューティングゲーム)。発売当初はあまりに高い要求スペックから最高画質でプレイするのが難しいことが話題となった作品。そのあと2011年にPS3/Xbox 360への移植が果たされている。

あらすじ

2020年8月。フィリピン海の孤島「リンシャン島」を北朝鮮軍が占拠、米国の考古学調査チームが消息不明となる。救難信号を受けた米国陸軍は、捜索のため最新のNANOスーツを装備した特殊部隊「ラプターチーム」を含む兵力を派遣するが、潜入のための降下作戦開始直後に正体不明の攻撃を受けチームは離散、更にNANOスーツで武装した兵士を容易く葬り、短時間のうちに舟艇をジャングル深くに置き去りにするような、人智を超えた異常事態に遭遇する。

本作のリマスター作品は今月6日にNintendo Switch版が発売していたが、今回発表された『Crysis Remastered』は最大8K高解像度テクスチャーおよびレイトレーシングに対応し、超美麗な映像下でプレイすることが可能になっているという。

本作のテックトレーラーが公開されているため、是非ご覧いただきたい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。