MacのDashboard、macOS Catalinaで完全廃止に

Appleから発表された次期macOSの 「macOS Catalina」 。同OSでは、macOSのおなじみ機能だった「Dashboard」 が廃止されることがわかった。

「Dashboard」 は、電卓やカレンダー、時計や天気などいくつかのウィジェットを貼り付けておけるボード画面。2011年にリリースされた 「OS X 10.4 Tiger」 から利用することができていたが、2014年リリースの 「OS X Yosemite」 から無効化されていた。

ただし、Yosemite以降もシステム環境設定の 「Mission Control」 の設定項目の中からユーザーの手で有効化する、もしくはLaunchpadから 「Dashboard」 アプリをクリックすることで依然として利用することはできた。

macOS Catalinaでは 「Dashboard」 が廃止

同機能が廃止される理由については特に明かされていないものの、すでにmacOSにはDashboardと似た機能として通知センターが導入されており、現在もDashboardを使っているユーザーは少なくなっていることから、同機能の廃止を決めたものと予想される。

ちなみに、macOSで廃止される機能といえば、「Dashboard」 の他に音楽アプリ 「iTunes」 があるが、こちらはミュージックアプリとTVアプリ、そしてポッドキャストアプリの3つに分割されるだけなので、機能自体はMacの中に残る予定だ。

関連記事
「macOS Catalina 10.15」 新機能まとめ iTunesが廃止されMusic・Podcast・TVアプリに分割、iPadのサブディスプレイ化など
「macOS Catalina」 のサポート端末はmacOS Mojaveと同じ。2012年モデルもサポート

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。