DAZN、読売ジャイアンツの公式戦を3月23日(土)から配信開始

DAZNの野球ラインナップに、いよいよ巨人が追加されることが決定した。DAZNは3月6日、読売ジャイアンツの公式戦を3月23日(土)からライブ配信することを正式に発表している。

DAZNはスポーツに特化した定額制動画配信サービス。これまでモータースポーツや国内外サッカー、テニスなどに加えて、2018年からはプロ野球公式戦の配信を開始していたが、契約の関係で読売ジャイアンツの試合のみ配信できずにいた。しかし今回、読売ジャイアンツ主催試合の放映権を獲得したことで、配信が可能になった。

今シーズン、DAZNで配信される球団は全部で10。昨年は11球団の試合が配信されていたが、今年は読売ジャイアンツが追加された代わりに2球団の配信を手放すことになったようだ。しかし、DAZNはプロ野球だけでなく米メジャーリーグの試合配信も行っており、これらを含めた野球コンテンツは年間1,450以上、圧倒的な野球コンテンツを誇る。

ちなみに、野球の公式戦配信以外にも、選手同士の対談コンテンツや過去の名シーンを振り返るコンテンツなど、野球ファンに楽しんでもらえる番組を多数提供予定だという。DAZNは月額1,750円 (DAZN for docomoは月額980円) で利用可能だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。