「DAZN」 1,925円→3,000円/月に値上げ。2月22日より順次適用

海外サッカーやJリーグ、プロ野球、テニスなどのスポーツ動画を配信するDAZNが、月額料金を値上げすることがわかった。現在1,925円/月で提供されている本サービスは、2022年2月22日(火)より、月額3,000円で順次提供されるとのこと。

1月21日、DAZNは契約者に対して上記の値上げを行う旨をメールで案内。「DAZNは2016年8月のDAZNサービス開始以来、明治安田生命Jリーグ、プロ野球、サッカーの日本代表選などを配信し、またDAZNオリジナルコンテンツも配信させていただいておりますが、今後もより一層プレミアムなスポーツ体験をお届けするため料金改定をいたします。新料金は本年2月22日(火)より順次適用となります。」とし、月額料金を1,925円→3,000円に値上げすると告知した。

同メールはauでDAZNを契約するユーザーに向けて送られたもので、DAZNそのものからは値上げの案内はまだ行われていない。ちなみに、NTTドコモでは現在 「DAZN for docomo」 が1,925円で提供されているが、こちらも価格体系が変更されるかはわかっていない。

追記

DAZNを契約するユーザーに値上げが案内されている。月額料金の改定にあわせて、年間プラン(一括払い)も19,250円→27,000円(税込)に変更される。

また、年間プランを毎月の分割で支払う 「年間プラン(月々払い)」 が新設。月額2,600円×12ヶ月で年額31,200円(税込)となり、月間プランで支払うよりも総額が13%安くなる。

  • 月間プラン
    1,925円 → 3,000円(税込)
  • 年間(一括払い)プラン
    19,250円 →27,000円 (税込)
  • 年間(月々払い)プラン ※新設
    31,200円 (税込/毎月の支払いは2,600円)

なお、値上げはDAZN本体とau経由における契約が対象になることが明らかになっている。ただし、auで申し込む際の特典である3ヶ月無料と4ヶ月目以降の毎月110円の割引は今後も提供されるほか、「povo 2.0」 のトッピングとして提供されている 「DAZN使い放題パック(7日間)」 についても7日間760円の料金体系に変わりはないとのことだ。

また、「DAZN for docomo」 (月額1,950円)については現時点では値上げの発表は行われていないが、今後値上げのアナウンスが行われる可能性がある点に注意。

DAZNが本日発表した大幅値上げは、利用者に大きなインパクトを与えている。他サービスに移ることや、値上げ前にDAZN年間プラン(19,250円)やDAZN年間視聴パス(19,250円)を契約、あるいはDAZNプリペイドカードを利用するなどで値上げの影響の軽減を検討する声も挙がっている。また、DAZNでは各スポーツ試合の独占配信が数多く行われていることから、ファンが減ってしまうのではと危惧する声も散見される。

ちなみに楽天市場ではDAZNオフィシャルのプリペイドカードが、1ヶ月1,925円、3ヶ月5,775円、6ヶ月9,625円、12ヶ月19,250円で販売されている。6ヶ月分には+1ヶ月分、12ヶ月分には+2ヶ月分の無料利用月が付与される。

▼ 楽天市場でDAZNプリペイドカードを購入する
1ヶ月:1,925円
3ヶ月:5,775円
6ヶ月:9,625円
12ヶ月:19,250円

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。