『DEATH STRANDING Director’s Cut』9月24日に発売。新ストーリーやデリバリーサポート、FRAGILE CIRCUITが追加予定

7月9日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PlayStationの最新タイトルを発表する番組 「State of Play | July 8, 2021」 を開催。同イベントの中で、『DEATH STRANDING Director’s Cut』が2021年9月24日に発売決定したことを発表した。

『DEATH STRANDING Director’s Cut』9月24日発売決定

『DEATH STRANDING Director’s Cut』は、2019年にPS4で発売したストランドゲーム『DEATH STRANDING』のPS5向けリマスター作。

「デス・ストランディング」 と呼ばれる現象が発生し、荒廃した世界で、繋がりを失った人類は滅亡の危機にさらされている。サム・ポーター・ブリッジズは孤立し動くことができなくなった人々のために”未来”を運ぶ任務に赴く。主人公サム・ブリッジズを演じるノーマン・リーダスをはじめ、マッツ・ミケルセン、レア・セドゥ、リンゼイ・ワグナーら世界的名優たちが出演したことも大いに話題となった作品だ。

ディレクターズカット版では、新たなストーリーやミッションが追加されるほか、新しい配達サポートとして荷物カタパルトや自動追従ロボ、ジャンプ台が追加されることが明らかに。また、FRAGILE CIRCUITも追加され、カーレースを楽しむことができるとのことだ。

『DEATH STRANDING Director’s Cut』の発売日は2021年9月24日。まもなく予約受付が開始される予定だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。