劇場版『DEEMO サクラノオト』公開日が2022年2月25日(金)に決定。濱田岳、渡辺直美、イッセー尾形、松下洸平、山寺宏一など豪華声優陣の参加発表

ポニー・キャニオンは、人気音楽リズムゲーム『DEEMO』の劇場版アニメーション『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』の公開日が、2022年2月25日に決定したと発表した。同日より新宿バルト9ほか全国の劇場にて放映される。

本作は、すでに錚々たる制作陣と竹達彩奈氏(以下、敬称略)、⻤頭明里、佐倉綾音ら人気声優陣の参加が明らかになっているが、さらに濱田岳・渡辺直美・イッセー尾形・松下洸平・山寺宏一らの参加が追加発表されている。

劇場版アニメ『DEEMO サクラノオト』2022年2月25日に公開決定

『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』は、全世界累計2,800万ダウンロードを記録する人気音楽リズムゲーム『DEEMO』の劇場アニメーション作品。

ピアノを弾く謎の生き物 “Deemo” の前に、ある日空から女の子が降ってくる。Deemoはピアノの音色によって伸びる木を成⻑させて、女の子を元の世界に戻そうとする―。ピアノをコンセプトに据えたこのゲームは、旋律の美しいクラシックからロック・ジャズなどジャンルにとらわれないオリジナル楽曲のクオリティの高さと、緻密に計算されたリズムやメロディから得られる圧倒的な演奏感で、アジア圏を中心に大ヒットを記録、世界中の音楽ゲームファンを唸らせた話題作だ。

総監督を務めるのは『攻殻機動隊 STANDALONECOMPLEX』で脚本、『BLOOD+』で監督・シリーズ構成・演出・脚本を手がけた藤咲淳一、監督には新進気鋭の松下周平を起用した。

アニメーション制作は、I.G ポートを代表する1社として成⻑を続けるSIGNAL.MD (『ひるね姫〜知らないワタシの物語〜』『CYBORG009CALLOFJUSTICE』) が担当。『攻殻機動隊』シリーズなどで日本を代表するアニメスタジオProduction I.Gが制作をサポートする。

キャラクターデザインは『三ツ星カラーズ』『少女☆歌劇レヴュースタァライト』などで話題となったイラストレーターのめばちが手掛け、さらに主題歌・イメージソングを『⻤滅の刃』『ソードアート・オンライン』シリーズや『魔法少女まどか☆マギカ』『Fate/Zero』など話題作を手掛ける梶浦由記が担当する。

主人公アリスには竹達彩奈。そのほか⻤頭明里、佐倉綾音が脇を固めるほか、主題歌を歌うのは、本作の歌姫オーディションでグランプリに輝いた高島一菜。

また、本作は10月22日(金)より、韓国・富川(プチョン)で開催される「富川国際アニメーション映画祭」⻑編映画部門への出品も決定している。22日(金)にワールドプレミアとして上映予定だ。

▼ リズムゲームアプリ『DEEMO』をダウンロードする
iOS版 (App Store)
Android版 (Google Play)

(c)2021 Rayark Inc./「DEEMO THE MOVIE」製作委員会

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。