劇場版『DEEMO』完成披露試写会レポート。声優 竹達彩奈、日向坂46の丹生明里が作品にかけた想いを話す

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

1月25日、人気音楽リズムゲーム『DEEMO』の劇場版アニメーション『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』(2月25日公開)の完成披露試写会が都内で開催された。同イベントに出席した人気声優の竹達彩奈、日向坂46の丹生明里が作品にかけた思いや見どころについて話した。

本作は、全世界累計2,800万ダウンロードを記録する人気音楽リズムゲーム『DEEMO』の劇場アニメ作品。城でピアノを弾き続ける謎の存在 「Deemo」 と記憶を失った女の子 「アリス」 、そして城の住人たちが紡ぐ、優しくて儚い愛の物語を描いた作品だ。

監督は松下周平。総監督および脚本は『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX (脚本)』『BLOOD+(監督・シリーズ構成・演出・脚本)』などで知られる藤咲淳一が務めた。

アリス役:竹達彩奈

空から舞い降りた記憶を失った少女・アリス役を務めたのは、人気声優の竹達彩奈。『DEEMO』からの続投となった竹達は、本作のアリス役を演じた感想として、「ゲームの中だとアリスしか話ささず、ひとりぼっちの世界観が強かったが、今回映画になってミライやくるみ割りなど様々なキャラクターたちに命が吹き込まれて、とても賑やかな世界になったと感じました。アリスが年相応なキャラクターになっていて、そんな子どもらしいところもあるんだなぁ、と新鮮な気持ちで演じることができた。(同じように) ゲームをプレイしている人にも新鮮なのではないでしょうか。」 と話す。

仮面の少女役:丹生明里

そのアリスと出会う、仮面の少女役を務めたのは日向坂46の丹生明里。初の長編作品の声優に挑戦したという丹生は、またしても初の完成披露試写会への出席ということで緊張した面持ちだったが、「お話をいただいたときは信じられなかった。(長編アニメの声優は)ずっと憧れだったので、嬉しかった。」 と出演が決まったときのことを振り返り、「エンドロールで自分の名前が流れた時は感動でうるっときて、映画館の中で自分の声が聞こえると思ったら感極まりました。」 と話した。

丹生の演技について聞かれた竹達は、「すごく素敵でした。初めてとは思えない!」 と絶賛。これに対し丹生は 「お世辞でも嬉しいです!」 と、竹達の言葉に感謝と喜びを伝えていた。

総監督・脚本:藤咲淳一

原作がリズムゲームだったこともあり、本作も音楽が魅力のひとつ。総監督および脚本を務めた藤咲淳一は、本作を 「謎と音楽」 と表現し、「世界観がしっかりある作品ではあるが、塔の窓から少女が落ちてきて、それについて何の説明もない。どこからどう作るか最初は難しかった」 とし、謎を面白くするために音楽の力を借りたりと工夫をしたことも明らかに。

また、竹達は 「あんな曲やこんな曲が流れてしまって良いのか、映像も曲も素晴らしい」 とし、劇場版のために制作されたアレンジ楽曲もあることも言及していた。丹生は 「音楽のメロディーだけじゃなく足音のような日常の音など、360度 音に包まれている感覚になった。」 とし、劇場ならではの楽しみも紹介していた。

完成披露試写会の最後にメッセージを求められた竹達は、「数年前にゲームでアリスをやらせていただいてから、まさか劇場版になるなんて。夢みたいなことが現実で起きてしまった。ゲームとはまた違う世界観、スタッフさんやキャスト一同で愛を込めて作った作品になっています。DEEMOは愛が詰まった作品、ぜひ優しい時間に包まれて、素敵な時間を過ごしていただきたいです。」 とコメントした。

ミライ役:濱田岳

なお、本イベントではアリス役:竹達彩奈(32)、仮面の少女役:丹生明里(20)、ミライ役:濱田岳(33)、くるみ割り役:イッセー尾形(70)、ハンス役:松下洸平(34)、監督:松下周平、総監督・脚本:藤咲淳一が登壇。また、匂い袋役を務めた渡辺直美(34)も米ニューヨークからビデオメッセージを寄せた。

©︎ Rayark Inc./「DEEMO THE MOVIE」製作委員会

『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』は、2022年2月25日より新宿バルト9ほか全国劇場にて放映される。アニメーション制作は、I.G ポートを代表する1社として成⻑を続けるSIGNAL.MD (『ひるね姫〜知らないワタシの物語〜』『CYBORG009CALLOFJUSTICE』) が担当。『攻殻機動隊』シリーズなどで日本を代表するアニメスタジオProduction I.Gが制作をサポートする。

キャラクターデザインは『三ツ星カラーズ』『少女☆歌劇レヴュースタァライト』などで話題となったイラストレーターのめばちが手掛け、さらに主題歌・イメージソングを『⻤滅の刃』『ソードアート・オンライン』シリーズや『魔法少女まどか☆マギカ』『Fate/Zero』など話題作を手掛ける梶浦由記が担当する。主題歌を歌うのは、本作の歌姫オーディションでグランプリに輝いた高島一菜。

劇場版『DEEMO サクラノオト』 2月25日(金)公開
配給:ポニーキャニオン
©︎ Rayark Inc./「DEEMO THE MOVIE」製作委員会

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。