『電車でGO!! はしろう山手線』PS4・Switchで発売決定。PS VRにも対応、本日から予約受付開始

9月9日、スクウェア・エニックスは電車でGO!! はしろう山手線』を、PlayStation 4およびNintendo Switchで発売することを発表した。

発売はPS4版が2020年12月3日。価格は7,800円(税別)。Nintendo Switch版は後日発表予定となっている。

▼ PS4版『電車でGO!!はしろう山手線』を以下ストアで予約する
Amazon.co.jp
e-STORE

『電車でGO!! はしろう山手線』がPS4/Switchで発売

『電車でGO!! はしろう山手線』は、電車運転シミュレーション『電車でGO!!』シリーズ最新作。2017年から稼働しているアーケード版『電車でGO!!』をベースにコンシューマ向けに開発した作品だ。

収録路線は、JR東日本が運営する山手線。本作はタイトーとスクウェア・エニックスのタッグによって開発されており、映像はスクエウェア・エニックスのビジュアルワークス部が手がける。

本作では、2020年3月に開業した 「高輪ゲートウェイ駅」 が追加実装されている。よりリアルになった山手線の運転を自宅で楽しむことが可能だ。

さらにエンディングを目指してチャプターを進められる 「運転士の道モード」 やPS VRを使った 「VRモード」 も楽しめる。

また、収録路線は山手線だけでなく、埼京線や成田エクスプレスなどアーケード版にはなかった路線や車両も運転できるという。

『電車でGO!! はしろう山手線』(PS4版) は本日からAmazone-STOREにて予約受付が開始されている。価格は7,800円(税別)。以下リンクから購入が可能だ。

▼ PS4版『電車でGO!!はしろう山手線』を以下ストアで予約する
Amazon.co.jp
e-STORE
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。