PSVR「Déraciné(デラシネ)」発売日が11月8日に決定!本日から予約受付開始

9月10日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントは新作タイトル「Déraciné(デラシネ)」を2018年11月8日に発売することを発表した。また、本日から同作の予約受付が開始されている。

「Déraciné(デラシネ)」は、PlayStation VR専用タイトル。

SIE JAPANスタジオ、フロム・ソフトウェア、宮崎英高ディレクターという、PlayStation4用ソフトウェア「Bloodborne」と同じ開発体制による完全新作のVRアドベンチャーゲームになっているという。”古典的アドベンチャーゲームを、最新のVR技術で描く”というコンセプトのもと、温かくもどこかミステリアスな物語が展開される。

舞台と設定

「Déraciné(デラシネ)」とは、「根無し草」「はぐれ者」「故郷を失った人」を意味する。

プレイヤーは”止まった時の世界”に住む妖精として、少年少女6人と年老いた校長先生が暮らす、人里離れた古い寄宿学校に現れる。別の時間に生きているため、人間は妖精を見ることができない。誰からも見えない存在であるプレイヤーは、止まった時に干渉し、異なる時に移動しながら、間接的に子どもたちと関わり、物語を紡いでいく。

止まった時の世界の探索

止まった時の世界には、小さなメモ書きや古いカギなど、さまざまな手がかりが散らばっており、プレイヤーの探求心をくすぐる。そうした断片的な情報を組み合わせることで、今何が起こっているのか、プレイヤーが何にどうやって干渉できるのか、といったことが浮かび上がってくる。

止まった時の世界に生きるプレイヤーは、子どもたちと直接関わることはできない。止まった時の事象に干渉し、異なる時に移動したり、また「命の時間」を与える妖精の特別な力を使ったりすることで、子どもたちとの距離を縮め、ぎこちなく友だちになっていく。

止まった時の世界には、子どもたちの思い出が、姿は幻影となり、言葉は言霊となって残っている。それは、プレイヤーが子どもたちを知り、物語をともにする、大きな手掛かりとなる。

冒頭でもお伝えしたように、発売日は2018年11月8日に決定した。本日からPlayStation Storeで予約受付が開始される予定だが、ネットワーク障害の関係でまだ予約受付は開始されていない(2018年9月10日22:30現在)。

価格は通常版(パッケージ版とダウンロード版)が3,000円、限定版が4,000円(いずれも税別)。限定版にはオリジナルサウンドトラック他、スペシャル専用収納ケースが付属する予定。また、それぞれの予約特典としてPS4のテーマ「教室」が付属する。また、ダウンロード版の予約特典には「教室」の他に、PSNアバター7種が同梱しているとのことだ。

【追記:2018年9月11日 3:35】
PS Storeのネットワーク障害が解消され、予約受付が開始されています。Amazonでの予約も開始しているので、ダウンロード版が欲しい人はPS Storeへ、パッケージ版が欲しい方はAmazonへどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。