携帯大手、災害用伝言板の提供を開始 大阪北部の震度6弱の地震を受けて

docomo-au-softbank

6月18日朝、大阪北部を震源とする震度6弱の地震が発生したが、この地震を受けて、ドコモ・au・ソフトバンクの3社は災害用伝言板の提供を開始したことを発表している。

災害用伝言板は、被災地域にいるユーザーの安否確認ができるサービス。すでに大阪方面への電話が繋がりにくくなっているとのことなので、同サービスを活用して家族や友人などの安否情報を確認していただければと思う。

各キャリアの災害用伝言板は以下リンクから利用可能。被災地域にいる方は、まだ大きな余震が発生する可能性もあるので、気を抜かず安全第一で行動するように心がけよう。

NTTドコモ
災害用伝言板災害用音声お届けサービス

au by KDDI
災害用伝言板 / 災害用音声お届けサービス

ソフトバンク
災害用伝言板 / 災害用音声お届けサービス

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。