Disney+、今年6月に日本でも提供開始 有料会員数は5,400万人を突破

Disneyの定額制動画配信サービス 「Disney+」 の国内展開が「2020年内」 から 「6月」 に早まったことがわかった。

現地時間5月5日、米Disneyは2020年第2四半期決算発表を開催。その中でボブ・チャペックCEOが 「Disney+」 の海外展開について触れ、同サービスの日本展開を6月から開始する予定であることを明らかにした。

「Disney+」 、今年6月から国内提供へ

「Disney+」 は、2018年11月に発表されたディズニー独自の映像配信サービス。月額もしくは年額料金を支払うことで、ディズニーの作品はもちろん、ルーカスフィルムのStar WarsシリーズやMarvel作品、ナショナル・ジオグラフィックのドキュメンタリー番組など、多数のコンテンツを広告なしで見放題になる。提供されるコンテンツはすべてダウンロード可能で、オフラインでの視聴に対応している。

2019年11月に米国・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・オランダで提供が開始されており、翌年3月にはイギリス、フランス、ドイツなど欧州の一部の国・地域で提供が開始されていた。日本では2020年内の提供開始とアナウンスされていたが、今回の発表によれば提供開始時期が早まった形となる。

日本での料金体系についてはまだ発表されていないが、米国では月額6.99ドル(約770円)で楽しむことが可能だ。

ちなみに日本以外では9月に北欧、ベルギーやポルトガル、ルクセンブルグなどで提供が開始される予定。南米地域では11月中旬もしくは12月上旬に提供が開始される予定だ。

Disneyの発表によれば、「Disney+」 の現在のサブスクライバー数は5,400万人。先月8日に5,000万人を突破したばかりだったため、約1ヶ月で400万人の新規ユーザーを獲得したことになる。

関連記事
ディズニー動画配信サービス 「Disney+」 米国で11月提供開始 月額6.99ドル
ドコモとディズニー、動画配信サービス 「Disney DELUXE」 発表 ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベル作品が見放題に

©Disney

[ via Android Central ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。