DJI、新型ドローン 「Air 2S」 発表。1インチセンサー搭載し最大5.4K/30fpsの空撮に対応

4月15日、DJIは新型ドローン 「DJI Air 2S」 を発表した。本日よりDJI公式サイトやAmazon.co.jpにて販売が開始されている。価格は119,900円(税込)から。

新型ドローン 「DJI Air 2S」 発売

「DJI Air 2S」 は、「Mavic Air 2」 のアップデートモデル。600g以下のコンパクトボディに、1インチのCMOSセンサーを搭載。ピクセルサイズも2.4μmに大きくなったことで、2,000万画素の静止画撮影と、5.4K/30fpsや4K/60fpsの動画撮影が可能に。最大ビットレート150Mbpsで、10ビット記録 (D-LogおよびHLG) も可能。

ズームも利用でき、4K/30fpsもしくは2.7K/60fps利用時は4倍、2.7K/30fpsもしくは1080p/60fps利用時は6倍、1080p/30fps利用時は8倍のデジタルズームが可能。ドローンを移動させることなく、好きな場所だけを選ぶように撮影できる。

「DJI Air 2S」 には、マスターショットという新機能が搭載されている。この機能は被写体を選択すると、その被写体をフレームの中に捉えたまま、10種類の異なるパターンの飛行動作を順番に実行しながら撮影。そのあとに映画のような短編動画を生成してくれるため、撮影後すぐにYouTubeや各種SNSなどに投稿することができるという。

そのほかフォーカストラックやクイックショットも利用可能。フォーカストラックは、簡単に被写体を追いかけたり、被写体のまわりを周回しながら飛行できる機能になる。

「DJI Air 2S」 は前後と上下の4方向にセンサーが搭載されたことで、以前に比べて広く空間を認識できるように。さらに高度操縦支援システム (APAS 4.0) のアルゴリズムが進化されたことによって、障害物を回避する能力がアップ。

高性能アンテナとDJI独自の伝送技術 「OcuSync」 のサードジェネレーション 「O3伝送技術」 によって、最大12km (日本国内は8km) まで映像を伝送することが可能。

また、AirSenseシステムが付近を飛行する航空機を検知し、使用者に警告を発出。送信機からの信号が途絶えた場合あるいはバッテリー残量が少なくなったときに自動でホームポイントに帰還させるReturn-To-Home機能なども搭載。

そして最大飛行時間は31分、ユーザーは安心して空撮を続けることが可能だ。

「DJI Air 2S」 の価格は、ドローン本体にバッテリーと送信機が付属したスタンダードモデルが119,900円(税込)、スタンダードモデルに加えてバッテリー充電ハブ、NDフィルターセット、ショルダーバッグ、追加のバッテリー×2、DJI Care Refresh (1年) が同梱・付属した 「DJI Air 2S Worry-Free Fly More コンボ」 が165,000円(税込)。

本日より、DJI公式サイトにて販売が開始されている。Amazonでの購入は以下から。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。