新型スマホ3軸ジンバル 「DJI OM 5」 発表。延長ロッド内蔵でさらに多彩な撮影が可能に

9月8日、DJI JAPANは新製品 「DJI OM 5」 を発表した。価格は17,930円(税込)。DJIオンラインストアAmazon.co.jpなどで購入可能だ。

▼ 「DJI OM 5」 を以下ストアで購入する
DJI オンラインストア
Amazon.co.jp

スマホ用ジンバル 「DJI OM 5」 本日から注文受付開始

「DJI OM 5」 は、DJIのスマホ用ジンバル Osmo Mobileの最新モデル。スマートフォンでの撮影の可能性を広げるデバイスだ。先代の 「DJI OM 4」 の特徴だったマグネット式アダプターを踏襲しつつ、本体の小型化と軽量化を実現した。

従来から1/3となる本体サイズに加えて、重量はジンバル290グラム、磁気スマートフォンクランプ34グラムとかなり軽量。持ち運びが簡単に。

本体内部に最大長215mmの延長ロッドが内蔵されており、より高い位置や低い位置での撮影が可能になり、撮影の幅が広がっている。

本製品には、スマートフォン撮影時の手ブレ等を解消する高度な3軸ジンバルテクノロジーが搭載されている。また、撮影ヒントや創造的なテンプレートを提案してくれるShotGuides (ショットガイド) と呼ばれる新機能に加えて、被写体のトラッキング機能である 「ActiveTrack 4.0」 がアップグレード。認識機能の向上や高い応答性、セルフィー撮影用の自動フェイス トラッキング機能が新たに追加された。

クランプ部分は従来と同じくマグネット式になっており、スマホを簡単に着脱可能。クランプも改良されており、さまざまな形状のスマートフォンに対応、保持力も向上しているようだ。対応スマートフォンの一覧はこちらのページから確認可能。

バッテリー持ちは最大6.4時間、充電は10W出力の充電器を使用して1.5時間で完了するとのこと。ジンバルの充電ポートの形状はUSB Type-C。

「DJI OM 5」 の価格は17,930円(税込)。カラーはアテネ グレー・サンセット ホワイトの2色で、本日からDJI オンラインストアAmazon.co.jpなどで注文受付が開始されている。

また、別売のアクセサリとして 「補助ライト内蔵スマートフォンクランプ」 も用意されていて、6,160円(税込)で購入可能だ。

▼ 「DJI OM 5」 を以下ストアで購入する
DJI オンラインストア
Amazon.co.jp

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。