「DJI Osmo Action 3」 9月17日発売。価格は47,300円(税込)〜、本日より予約開始

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

9月14日、DJIは新型アクションカム 「DJI Osmo Action 3」 を発表した。国内発売日は9月17日より順次。価格はスタンダードコンボが47,300円、アドベンチャーコンボが66,000円(どちらも税込)。DJI公式ストアAmazon.co.jpなど家電量販店にて購入が可能だ。

新型アクションカメラ 「DJI Osmo Action 3」 9月17日発売

「DJI Osmo Action 3」 は、DJIのアクションカメラ 「Osmo Action」 シリーズの最新モデル。2021年に発売した先代の 「DJI Action 2」 はカメラユニットと画面がモジュール式を採用していたが、新型モデルとなる今回の 「Osmo Action 3」 は、再びカメラなど一体型へと変更されている。

本体サイズは70.5×44.2×32.8 mm、重量は145g。

前面と背面にフルカラーのタッチディスプレイを搭載し、通常撮影と自撮り撮影の両方が利用できる。本製品の特長のひとつは、長時間の撮影への対応。最大160分間の録画ができる1,770mAhのバッテリーを搭載。

-20℃の極寒の地でも撮影が可能。また、急速充電にアクションカメラとしてはじめて対応しており、わずか18分間で最大80%まで、50分でフル充電が可能だという。

なお、先代モデルは発熱に難があったが、今回の新モデルでは過熱の問題を改良している。バッテリー残量がなくなるまで、撮影することが可能になっている。

本製品は、新たに縦向き撮影にネイティブ対応した。同機能の追加により、SNSなどへの動画投稿がより手軽なものに。さらに、カメラを水平/垂直に素早く取り付けられるクイックリリース設計を採用、強化されたロッククリップと位置決めノッチを搭載し、耐衝撃性が大幅に向上しているのも特長となる。

カメラは、1/1.7インチのイメージングシステムを搭載し、最大4K/120fpsでの撮影に対応する。画角は最大155°の超広角。ワールドクラスの電子式映像ブレ補正(EIS)を搭載しており、激しい動きの中でも滑らかな映像が撮影できる。

EISオプションは 「RockSteady 3.0」 「HorizonSteady」 「HorizonBalancing」 の3つを搭載する。

RockSteady 3.0:あらゆる方向のカメラ揺れを効率的に補正。最大4K/120fpsでの撮影に対応し、臨場感あふれる一人称視点で安定した動画を撮影する。これにより、サイクリングや移動中のハンドヘルド撮影など、スポーツ特有のシーンに最適な映像ブレ補正を実現する。

HorizonSteady :全方向のカメラの揺れを補正し、さらに、どんなに傾いていたとしても水平を維持するよう補正する。つまり、激しい衝撃や360°の回転でも映像を水平に保つことができ、サーフィンのような複雑な動きの場面でも、後編集なしで完璧に水平維持を実現できる。

HorizonBalancing:4K/60fps動画撮影に対応し、45°以内の水平方向の傾きを補正し、安定した動画を撮影できる。RockSteadyとHorizonSteady の中間に位置するこのモードは、一人称視点で撮影する障害物レースなど、ダイナミックな環境でスムーズな4K映像を優先する場合に最適。

「DJI Osmo Action 3」 に搭載された3つのマイクを使用したステレオ録画が利用できる。風ノイズのリダクション機能も搭載されており、没入感の高い録画が可能になる。

Wi-Fiライブ配信は1080p/30fps、720p/30fps、480p/30fpsの3種類に対応。配信中に録画を一時停止することもできる。UAC/UVCウェブカメラに対応し、電話会議やライブ配信向けにも使用可能だ。

また、USB-C経由でDJI Micを接続することもできるほか、3.5mm – USB-Cケーブルを使用することで外部のマイクも接続することが可能だ。

「DJI Osmo Action 3」 には、スタンダードコンボとアドベンチャーコンボの2種類が用意される。

スタンダードコンボは、エクストリームバッテリーと保護フレーム(水平&垂直取り付け)、ゴム製のレンズプロテクター2個、クイックリリース式アダプターマウント、接着式フラットベースが付属し、価格は47,300円(税込)。発売日は9月17日。

アドベンチャーコンボは、エクストリームバッテリー3個、保護フレーム(水平&垂直取り付け)、ゴム製のレンズプロテクター2個、クイックリリース式アダプターマウント2個、接着式フラットベース、多機能バッテリーケース、延長ロッドが付属し、価格は66,000(税込)。発売日は10月12日。

どちらもDJI公式ストアやAmazon.co.jpなど家電量販店にて、本日より予約購入が可能だ。

(画像:DJI)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。