「DJI FPV」 正式発表。ゴーグルを使った1人称操縦に対応した新型ドローン

3月2日、DJIは新製品 「DJI FPV」 を発表した。価格は154,000円(税込)、DJI公式サイトAmazon.co.jpで購入することが可能だ。

FPVに対応した新型ドローン 「DJI FPV」 が発売

「DJI FPV」 は、FPV (一人称ビュー) に対応したドローンだ。ドローン内蔵の広角カメラで撮影した映像が最大120fpsでリアルタイムでゴーグル 「DJI GOGGLES V2」 に映し出されることで、操縦者は一人称視点で、まるで空を飛んでいるようなドローンフライトを楽しめる。

フライトモードはNモード・Sモード・Mモードの3種類が用意されていて、操縦者が自分の技術に合わせて好みのモードを選べる。

Nモードは初心者向けのモードで、自動制御などにより難しい操作をしなくてもフライトが楽しめる。Sモードはある程度の自動制御は残しつつも、Nモードよりは比較的自由に操作できるモードで、Mモードは上級者向けの完全マニュアルモードだ。

FPVでのドローンの操作は難易度が高いことから、送信機には安全機能として緊急ブレーキ&ホバリング機能が搭載されている。ボタンを押せば数秒で停止し、安定した状態でホバリングできるため、初心者の方でも安心してフライトできるはずだ。

動画撮影は最大4K/60fpsに対応、手ぶれ補正機能やスローモーション機能も搭載されている。YouTubeなどへの映像投稿用途としても十分に利用可能だ。最大飛行時間は20分と案内されている。

ちなみに、DJI FPVを日本国内において屋外でゴーグルを用いて使用する場合、航空法上の 「目視外飛行」 に相当するため、航空局からの飛行の許可・承認を取得する必要がある。無許可で飛行した場合には罰則が課せられる場合があるため、必ず申請を忘れないようにしよう。

「DJI FPV」 はドローン本体に加えて、送信機とゴーグル、各種ケーブルなどがセット内容に含まれていて、価格は154,000円(税込)。別売りで自然な動きで機体を操縦できるモーションコントローラー、より長い飛行時間を実現するためのFly Moreキットなども販売されているため、必要に応じて購入していただきたい。Amazonでの購入は以下リンクから。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。