DJIの新型ジンバル 「DJI RS 3」 「DJI RS 3 Pro」 発表。本日より各ストアで予約開始

6月15日、DJIは新型ジンバル 「DJI RS 3」 「DJI RS 3 Pro」 を発表した。

販売価格は 「DJI RS 3」 が単体で66,000円、コンボセットが79,200円。「DJI RS 3 Pro」 が単体で99,000円、コンボセットが123,200円 (いずれも税込) 。

発売は 「DJI RS 3」 が6月24日(金)、「DJI RS 3 Pro」 が7月下旬を予定。本日よりDJI公式オンラインストアおよび認定ストア/正規販売代理店にて予約注文を開始している。

▼ DJI公式サイトで 「RS」 シリーズ最新モデルを購入
DJI RS 3
DJI RS 3 Pro
DJI Transmission

新型ジンバル 「DJI RS 3」 「DJI RS 3 Pro」 発表

「DJI RS 3」 「DJI RS 3 Pro」 は、一眼レフやミラーレスカメラ用のジンバル製品 「DJI RS」 シリーズの最新モデル。「DJI RS 3」 はスタンダードモデル、「DJI RS 3 Pro」 はより幅広い撮影に対応できる上位モデルという立ち位置の製品だ。なお、同カテゴリの新製品の投入は約1年半ぶりになる。

「DJI RS 3」 「DJI RS 3 Pro」 は、新たに搭載された自動軸ロックのほか、20%性能が向上した第3世代のRS安定化アルゴリズム、さらにワンタッチキャリブレーション機能に対応した。

また、「DJI RS 3 Pro」 のみの特徴として、「DJI RS 3」 よりも大きなカメラをマウントできるようアーム部分が長くなっていること、そしてジンバル全体が重くならない&高い剛性を発揮できるように未切断カーボンファイバーシートをアーム部分に使用しているなどの違いがある。

本製品の進化したポイントはいくつかあるが、まずは可動軸のロックおよびロック解除が自動で行われる機能が搭載されている。ジンバルの電源を入れるだけで、自動で軸ロックが解除、ジンバルが展開することで素早く撮影を開始できる。

また、電源ボタンを1度押すとジンバルがスリープモードに入る。この機能によって、デバイスの電源オン/オフから収納/移動がよりスピーディに行えるように。

さらに、クイックリリースプレート上でカメラ取り付け位置を記録できるため、カメラを取り付けるたびにバランス調整を繰り返す必要がないなど、迅速にペイロードの準備を整えられるようになった。

そして、Bluetoothシャッターボタンにも新たに対応し、カメラ制御ケーブルを使わずに自動でカメラと接続できるようになった。

肝心な安定性についても、第3世代RS安定化アルゴリズムによって前モデル 「DJI RSC 2」 から20%向上。ローアングルでの撮影や走りながらの撮影、走っている車での撮影がより容易になった。また、焦点距離最大100mmのレンズに対応できるSuperSmoothモードは、さらに高い安定性能を発揮。ブレのない映像を撮影できるという。

ジンバル本体には1.8インチのOLEDフルカラータッチ画面を搭載。先代モデル 「DJI RSC 2」 に比べて80%大型化しており、より操作しやすくなっているのも良改善ポイント。UIや操作フローが再設計されており、指先だけで操作できるようになっている。スライドすることでパンフォロー/パン&チルトフォロー/FPVのモードを迅速に切り替えれるジンバルモードスイッチも備える。

上記変更点があったにも関わらず本体重量は 「DJI RS 3」 が1.3kg、「DJI RS 3 Pro」 が1.5kgと片手で持てるほどの重量感。積載量(試験値)はそれぞれ3kg/4.5kgとなっており、主要ブランドのデバイスの多くを取り付けることが可能だ。

バッテリー駆動時間は最大12時間。バッテリーはクイックリリース式のカートリッジ設計となっており、18WのPD急速充電にも対応する。ジンバルから取り外した際や使用中にも充電できるため、バッテリー充電のために撮影を中断する必要はない。

なお、DJI RS 3 Proは、DJI Ronin 4Dで使用された高性能LiDARフォーカスシステムを継承する。DJI LiDARレンジファインダー (RS)を装着することによって、屋内環境において14m範囲で43,200点の測距点を検知可能。トルクが3倍強化された次世代フォーカスモーターは簡単に取り付けることができ、マニュアルレンズのオートフォーカスを可能に。従来のように、繰り返しキャリブレーションをする必要はない。

さらに、DJI LiDARレンジファインダー (RS)には、DJI Ronin 4Dにも使われている独自開発チップと焦点距離30mmのカメラが搭載されており、ActiveTrackの計算能力は60倍以上に向上。ActiveTrack Proにも対応する。

▼ DJI公式サイトで 「RS」 シリーズ最新モデルを購入
DJI RS 3
DJI RS 3 Pro
DJI Transmission

DJI Transmissionも発売

本シリーズと同時に、DJIは史上初となる独立型ワイヤレス映像伝送ソリューション 「DJI Transmission」 も発売する。DJI 映像トランスミッターとDJI高輝度遠隔モニターで構成され、離れた位置にあるカメラの映像を手元で確認しながらジンバルを操作できるものとなる。映像の伝送は最大6km (日本国内:4km) まで、1080p/60fps映像伝送や16-bit 48 kHzでのライブ音声モニタリングに対応する。

DJI高輝度遠隔モニターの画面は7インチで、屋外での使用を想定し画面輝度は1,500ニトと明るい。1つのトランスミッターに対し、複数のレシーバー(モニター)で同時受信することが可能。二つのレシーバーを使ってモニタリングやジンバル・カメラの遠隔操作ができる制御モードのほかに、照明や美術、小道具など複数チームで撮影に挑む大規模プロジェクト用に配信モードも備える。配信モードは受信レシーバー数に上限がなく、撮影効率を高めることが可能。

DJIは、参考例として “リアリティ番組のような大規模な撮影セットで、10台以上のトランスミッターから10台のデバイスに同時に信号を伝送できるため、従来の伝送環境で実現が難しかった、完全に息の合ったチーム間の連携作業が可能になる” としている。

価格は、DJI 映像トランスミッターとDJI高輝度遠隔モニターがセット(DJI Transmissionコンボ)が286,000円(税込)。今年9月に発売予定。なお、DJI 映像トランスミッターとDJI高輝度遠隔モニターは単体での購入も可能。それぞれ129,800円(税込)と162,800円(税込)に設定されている。

▼ DJI公式サイトで 「RS」 シリーズ最新モデルを購入
DJI RS 3
DJI RS 3 Pro
DJI Transmission

(画像:DJI)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。