NTTドコモ、5Gプランは当初データ通信に上限なし。4Gプランよりも高くなる見通し

明日3月18日、NTTドコモは今春開始予定の5G (第5世代移動通信システム) サービスの詳細および料金プランを発表する予定だが、その料金プランに関する詳細が一部明らかになった。17日、日本経済新聞が独自情報を伝えた。

ドコモの5Gサービス、キャンペーンで当初はデータ上限は設けず

日本経済新聞によれば、NTTドコモの5G向け料金プランは、現行4Gプランにくらべてデータ通信量の上限が多く設定される予定であるとのこと。現行の4G向けプラン 「ギガホ」 の通信上限は60GBだが、5Gプランはこの倍近くに設定される予定。ただし、サービス開始当初はキャンペーンとして、データ通信量に上限を設けずいくらでも通信できるとのことだ。

サービス開始当初上限を設けない理由は5Gの利用者を増やすため。5Gは高速通信、大容量、低遅延が特徴の次世代通信規格。この規格の恩恵を受けるのにデータ通信量の上限は邪魔なものになりかねない。

料金体系は4Gプランに比べてやや高くなる見通し。4Gプランに1,000円程度上乗せしたソフトバンクに追従する。

ちなみに、NTTドコモは5Gの料金プランの発表に合わせて、5G対応機種なども発表する見通し。発表は3月17日(火)午前11時に、YouTubeやFaceboook、Twitterで配信される予定なので興味のある方はぜひご覧になっていただきたい。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。