ドコモ、スタンドアローン方式 「5G SA」 をスマートフォン向けに提供開始。対応周波数はSub-6帯+28GHz帯のミリ波

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

8月23日、NTTドコモはこれまで法人向けに提供していたスタンドアローン方式の 「5G SA」 を、一般ユーザーのスマートフォン向けに提供開始すると発表した。提供は、5G対応料金プランを契約者するユーザーに対してオプションサービスとして行う。提供開始は8月24日を予定。

対応する5G料金プランは、「5Gギガホ プレミア」 「5Gギガライト」 「5Gデータプラス」 「はじめてスマホプラン(5G)」 「U15はじめてスマホプラン(5G)」 および 「ahamo」 。

オプションの月額料金は550円だが、本サービスの提供開始にあわせて無料キャンペーンが実施され、当面の間は月額550円が無料で提供される。通信速度は受信時最大4.9Gbps、送信時最大1.1Gbps。

提供エリアは、主要ターミナル駅周辺やイベント会場、商業施設などの人が集まるエリアから提供を開始する。主要ターミナルは札幌駅、仙台駅、東京駅、名古屋駅、金沢駅、大阪駅、広島駅、高松駅、博多駅が挙げられている。

▼ 提供エリア (主要ターミナル駅)

  • 札幌駅
  • 仙台駅
  • 東京駅
  • 名古屋駅
  • 金沢駅
  • 大阪駅
  • 広島駅
  • 高松駅
  • 博多駅

対応端末は、「AQUOS R7 SH-52C」 「Galaxy S22 SC-51C」 「Galaxy S22 Ultra SC-52C」 「Xperia 1 IV SO-51C」 の4機種。AQUOS R7は8月24日、Galaxy S22シリーズは8月末、Xperia 1 IVは9月以降に対応する。

端末名 受信時最大速度
(5G SA)
送信時最大速度
(5G SA)
対応時期
AQUOS R7 SH-52C 4.9Gbps 1.1Gbps 2022年8月24日
Galaxy S22 SC-51C 4.9Gbps 1Gbps 2022年8月末予定
Galaxy S22 Ultra SC-52C 4.9Gbps 1Gbps 2022年8月末予定
Xperia 1 IV SO-51C 4.9Gbps 1.1Gbps 2022年9月以降

申込みはドコモショップおよび量販店、ドコモオンラインショップ、ドコモオンライン手続き、ahamoオンライン手続きから可能だ。

「5G SA」 は、2021年12月より法人顧客向けに専用データ通信端末とあわせて提供してきた5Gサービス。これまでの5Gサービスは、5G基地局と4Gコアネットワーク設備を用いたノンスタンドアローン(NSA)方式で提供されてきたが、「5G SA」 は5G基地局と5Gコアネットワーク設備を使用した “真の5G” サービスとも言える。

上記サービスの提供開始にあわせて、対応周波数帯がSub-6帯 (3.7GHz帯/4.5GHz帯)に加えて、ミリ波帯(28GHz帯)が新たに追加される。これにより、受信時最大4.9Gbps、送信時最大1.1Gbpsの高速な通信が利用可能になる。

(画像提供:NTTドコモ)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。