ドコモ、のりかえ・MNP手数料を廃止へ。2021年4月1日(木)から

docomo

NTTドコモは12月18日、ドコモから他事業者へ乗りかえる際にかかる携帯電話番号ポータビリティ(MNP)手数料について、無償化することを発表した。

これまで携帯電話番号ポータビリティ手数料は3,000円(税別)、2019年9月30日までに提供している料金プランの場合は2,000円(税別)の手数料が必要だった。しかし総務省の有識者会議などでウェブ受付時無料化の方向性が示されていたこともあり、ドコモは2021年4月1日(木)から、同手数料をウェブ窓口、店頭、コールセンター問わず廃止する。

クリックで拡大

ちなみに無料になるのは2021年4月1日以降にMNP予約番号を取得したユーザーで、2021年3月31日(水)までにMNP予約番号を取得し乗り換えをする場合にはこれまでと同様に手数料が必要になるため、注意が必要。

また、2021年3月に提供予定の新料金プラン 「ahamo」 については、2021年4月1日(木)以前であっても携帯電話番号ポータビリティ手数料はかからない。

関連記事
ドコモが通信無制限の新プラン 「5Gギガホ プレミア」 発表、従来から1,000円値下げ。月60GBまでの 「ギガホ プレミア」 も
ドコモ、新料金プラン 「ahamo (アハモ)」 2021年3月提供開始。月額2,980円で20GB

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。