ドコモ、クラウドゲーム事業に参入。『三國無双8』『FF XV』など12作品をスマホ配信へ

3月18日、NTTドコモは 「5G・新サービス・新商品発表会」 をオンラインで開催。同発表会の中で、クラウドゲームサービス事業に参入することを発表した。

同日、NTTドコモは独自のクラウドゲームサービス 「dゲーム プレイチケット」 の提供を開始。「dゲーム」 において『信長の野望・創造 with パワーアップキット』や『FINAL FANTASY XIII』など12作品の配信をはじめ、これらの高画質ゲームをスマートフォンで楽しめるようになった。

クラウドゲームサービス 「dゲーム プレイチケット」 が提供開始

クラウドゲームサービスは、PCやコンソール向けに配信されている高クオリティのゲームを、スマートフォンなどでもプレイできるよう開発されたサービス。ゲームの描画処理はすべてクラウド(サーバー)上で行われ、スマートフォンはあくまで画面をストリーミングで表示するだけなので、PCやXboxのような高い処理能力を必要としないのが特徴だ。

ドコモのクラウドゲーム 「dゲーム プレイチケット」 は、ブロードメディアGCのクラウドゲーム技術 「Gクラスタ」 をベースにして、ゲーム配信プラットフォーム 「dゲーム」 を介して配信される。ストリーミングはモバイルネットワークおよびWi-Fiの両方で可能だ。

サービスの基本料金は無料だが、実際に遊ぶには各タイトルを3年間の有効期限付きで購入する必要がある。当初のラインナップでは300円〜7,273円(税別)で購入できる。

配信時期 配信タイトル 価格 (税別)
2020年3月18日 信長の野望・創造 with パワーアップキット 7,273円
FINAL FANTASY XIII 1,891円
英雄伝説 空の軌跡FC 1,891円
四家麻雀 「和 (なごみ)」 1,000円
銀星将棋 風雲龍虎雷伝 最強版 1,500円
Photon3 637円
ローマの建設 300円
アルファディア ジェネシス 1,000円
ゴー!ゴー!牧場2 300円
アメリーズカフェ 300円
2048 300円
あそんでまなぶ! 300円
2020年4月予定 真・三國無双8 2K:5,800円
4K:6,800円
2020年5月予定 FINAL FANTASY XV 未定

「dゲーム プレイチケット」 で配信されるタイトルは、サービス開始当初は上記12作品。さらに『真・三國無双8』が2020年4月、『FINAL FANTASY XV』が2020年5月に配信開始となる。NTTドコモは今後も配信タイトル数を増やす予定で、100以上のタイトルを配信予定としている。

また、「dゲーム プレイチケット」 の提供開始を記念して、事前登録をした上でゲームを購入したユーザーを対象に、dポイントをプレゼントするとのこと。

関連記事
ドコモ、5G商用サービスを3月25日に提供開始 対応プランは 「5Gギガホ」 「5Gギガライト」 の2種
ドコモ、「Galaxy S20/S20+ 5G」 を発売 本日より予約受付スタート
ドコモ、「Xperia 1 II」 2020年4月下旬発売 予約受付が本日からスタート

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。