ドコモ、新型iPad AirとiPad miniを3月30日に発売 予約は20日(水)午前10時から

3月19日、NTTドコモは昨日発表された新型 「iPad Air」 「iPad mini」 を3月30日(土)に発売することを発表した。予約受付は3月20日(水)午前10時から全国のiPad取扱店およびドコモオンラインショップで開始される予定だ。

ドコモでの新型 「iPad Air」 「iPad mini」 の予約は20日午前10時から

今回発表された新型 「iPad Air」 「iPad mini」 の大きな特徴は、どちらも 「Apple Pencil (第1世代)」 に対応したことと、プロセッサに最新iPhoneと同じ 「A12 Bionic」 チップが搭載されて処理能力が大幅に向上したこと。ディスプレイサイズはiPad miniは変更がなかったものの、iPad Airはベゼルが狭くなり、9.7インチから10.5インチに大型化した。

ディスプレイの性能もアップデートされており、環境光に合わせてホワイトバランスが自動調節されるTrueToneディスプレイに対応。さらに広色域(P3)ディスプレイにも対応したおかげで、写真や映像などのコンテンツをより正しい色で表現できるようになった。

この他にも、細かいアップデートとして内向きカメラの画素数が120万画素から700万画素に変わったほか、1080pのHDビデオ撮影が可能に。セルラーモデルに関してはギガビット級LTEにも対応した。

iPad Airに関しては、Smart Connectorが搭載されたことにより、これまでiPad Proでしか使えなかったSmart Keyboardが使えるようになった。しかも、10.5インチiPad ProのSmart Keyboardと仕様は同じになっているため、すでに持っている方はわざわざ買い替えずとも使用することが可能だ。

新型iPad AirとiPad miniは64GB・256GBのストレージ容量が用意されており、カラーラインナップはゴールド・シルバー・スペースグレイの3色。まだ価格は明らかになっていないが、予約受付が開始される3月20日(水)午前10時までにはアナウンスされるものと予想される。

追記 (2019/03/19 17:19)
ドコモが新型iPad AirとiPad miniの価格を発表しています。詳細はこちらの記事からどうぞ。

関連記事
Apple、新型 「iPad Air」 発表 画面が10.5インチに大型化、Apple PencilとSmart Keyboardに対応
Apple、新型 「iPad mini」 発表 Apple Pencilに対応した待望の新型モデル
【2019最新比較】新型「iPad Air」と「iPad mini」の違い・スペック徹底解説、買うならどっち?
【比較】新型iPad miniは前モデルiPad mini 4から何が変わった?変更点を徹底網羅

▶︎ iPad Air・iPad miniの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。