ドコモ、iPhone SE(第2世代)の価格を発表 実質23,360円から

4月18日、NTTドコモは4月20日(月)から予約受付を開始する 「iPhone SE (第2世代)」 の機種代金を発表した。

ドコモでの 「iPhone SE (第2世代)」 の割引適用前価格は57,024円(税込)から。他社からの乗り換え(MNP)で購入した場合は各種割引により35,024円(税込)から購入可能で、さらにスマホをドコモに返却することで最大12回分の機種代金の支払いが免除される 「スマホおかえしプログラム」 の適用で最安23,360円(税込)から購入可能だ。

MNP
  64GB 128GB 256GB
割引適用前価格 57,024円 62,568円 75,240円
端末購入割引
はじめてスマホ購入サポート
-22,000円 -22,000円 -22,000円
分割支払金(36回)
(現金販売価格/支払総額)
972円/月
(35,024円)
1,126円/月
(40,568円)
1,478円/月
(53,240円)
スマホおかえしプログラム利用時の実施負担 23,360円 27,056円 35,504円
新規/機種変更/契約変更(FOMA→Xi)
  64GB 128GB 256GB
割引適用前価格 57,024円 62,568円 75,240円
分割支払金(36回)
(現金販売価格/支払総額)
1,584円/月
(57,024円)
1,738円/月
(62,568円)
2,090円/月
(75,240円)
スマホおかえしプログラム利用時の実施負担 38,016円 41,712円 50,160円

iPhone SE(第2世代)は、ドコモでは4月20日(月)から予約受付が開始され、5月11日(月)に発売する。予約受付開始は午前10時を予定している。

ちなみに、当初ドコモはiPhone取扱店とドコモオンラインショップの両方で予約受付を開始することを案内していたが、総務省からの新型コロナウイルス感染拡大防止に関わる取り組み強化の要請を受けて、オンライン上でのみ受付とすることを発表している。店頭で予約しようと思っていた方は注意していただきたい。

ドコモ、iPhone SE(第2世代)を4月20日に予約受付開始

「iPhone SE (第2世代)」 は、2020年4月16日に発表された新型iPhone。Appleが販売するiPhoneシリーズの中で最も安価なモデルで、iPhone 8をベースに開発しているため、実質的に 「iPhone 8」 の後継モデルという立ち位置だが、名称には2016年に発売した安価モデル 「iPhone SE」 (初代は2018年に販売終了) の名前がふたたび使用されている。

「iPhone SE (第2世代)」 の画面は、iPhone 8と同じく4.7インチで、有機ELディスプレイではなく液晶ディスプレイが搭載。iPhone 11シリーズのようなベゼルレスデザインではなく上下にベゼルが存在し、ホームボタンが搭載された旧型デザインが採用されている。ホームボタンには指紋認証機能 「Touch ID」 が搭載されていて、指紋による画面ロック解除が可能だ。

背面カメラはiPhone 8やiPhone XRと同じくシングルレンズ仕様。性能的にはデュアルレンズカメラを搭載したiPhone 11に劣ることになるが、カメラ性能をそこまで重視しないユーザーにとっては選択肢のひとつとなるだろう。

搭載プロセッサはA13 Bionicで、iPhone 11シリーズに搭載されているものと同じ。A13 Bionicは非常に性能の高いことで知られるAppleの最新プロセッサ、ゲームやブラウザなどほとんどの作業を快適にこなすことができる。

「iPhone SE (第2世代)」 のカラーラインナップはホワイト、ブラック、PRODUCT(RED)の3色。ドコモでの予約は4月20日(月)から開始される。ちなみに、Apple公式サイトではすでに予約受付が開始されているため、SIMフリー機の購入はApple公式サイトからどうぞ。

関連記事‍
新型 「iPhone SE」 が正式発表 スペック・発売日・価格まとめ
iPhone SE(第2世代)とiPhone 8/8 Plusを比較してみた。買い替えはあり?なし?

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。