ドコモが日本初ドローン向け料金プラン 「LTE上空利用プラン」 提供開始

7月8日、NTTドコモはドローン向け料金プラン 「LTE上空利用プラン」 の提供を開始した。ドローン向けに通信プランが提供されるのは国内ではじめて。

ドローン向け料金プラン 「LTE上空利用プラン」 提供開始

「LTE上空利用プラン」 は、無人航空機(ドローン)向けに提供されるプランで、上空においてLTE通信を月間データ容量120GBまで利用できる。

料金は月額49,800円(税込)。利用場所や日時、台数、高度などを事前に予約できる 「LTE上空利用予約」 もセットで提供される。

通信速度は月120GBまで受信時最大950Mbps、120GB超過後は月末まで送受信最大1Mbpsとなる。なお、別途「1GB追加オプション」または「スピードモード」を申込むことで通常速度で利用することが可能になる。

上空におけるモバイルネットワークの利用は、地上の電波への干渉を避けるため、これまで限定的な利用となっていたが、官民協議会が提唱する 「空の産業革命」 の実現に向けて、上空での送信電力制御や、上空で利用する周波数帯の限定などを条件に2020年12月に上空におけるモバイルネットワーク利用を拡大する制度が整備されている。

ドコモでは、上空でのLTE通信端末の送信電力を最適化するネットワーク機能である 「送信電力最適化機能」 を開発し、すでに運用を開始しているが、さらに今回上空で利用可能な周波数を限定する 「周波数帯域制限(band制限)機能」 を開発したことで同プランの提供が可能になったとのこと。

「LTE上空利用プラン」 の提供により、ドローンの飛行可能範囲が広くなるだけでなく、リアルタイムのデータ伝送も可能に。広範囲の農薬散布や生育監視、遠隔地への長距離物流、災害発生時における遠隔地のリアルタイム映像伝送など、さらに幅広いシーンで活用することが可能になる。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。