「Magic Leap 1」 がドコモで6月19日に販売開始。価格は24万9千円(税別)

6月8日、NTTドコモはMagic LeapのMRヘッドセット 「Magic Leap 1」 を今月19日に販売を開始することを発表した。

価格は249,000円(税別)。ドコモオンラインショップおよび全国のドコモ法人営業部門が販売チャネルとして展開される。販売開始に先駆けて、ドコモオンラインショップでは6月9日(火)10時から予約受付が開始される。

MRヘッドセット 「Magic Leap 1」 が6月19日に発売

「Magic Leap 1」 は、Magic Leap社の軽量なウェアラブルヘッドセット。リアルとデジタルを融合したインタラクティブな世界を提供、モニターがなくてもシームレスにデジタルコンテンツに見て触れることが可能だ。

たとえば自宅のリビングでゲームコンテンツを利用した場合、実際のリビングの壁からキャラクターが出てきたり、テーブルの上にキャラクターを置いて歩かせることができるなど、これまでにない臨場感あるインタラクティブな体験ができる。

「Magic Leap 1」 は主に、Lightwear (メガネ型のヘッドセット) 、Lightpack (プロセッサ兼バッテリーユニット) 、6方向を認識できるコントローラーの3つで構成される。ヘッドセットに内蔵された9つのセンサーで空間を認識し、壁やテーブルの上にオブジェクトを配置することができる。

ちなみにドコモで販売される 「Magic Leap 1」 はさらにCharger(x2)、Shoulder Strap、Fit Kitも同梱されるとのこと。さらにこれらのアクセサリは、Carry CaseとHubとともに別途個別で購入することもできるという。

それぞれのアクセサリの価格については、NTTドコモのプレスリリースをご覧いただきたい。

NTTドコモは、「Magic Leap 1」 を業務効率化や新たなコンテンツサービスの開発、法人企業向けソリューション開発など、さまざまな分野でMR技術の活用を検討している法人、個人ユーザーを含むXRコンテンツクリエイター向けとして販売予定。XR技術を活用したサービスの普及および業界全体の発展に寄与することを目的に、一般社団法人XRコンソーシアムに2020年5月20日に参画し、空間コンピューティング技術と5Gの持つ高速・大容量・低遅延といった特長を活かしたエコシステムの提言や、XR市場拡大に向けた業界ルールの策定や普及活動などを積極的に行っていくとしている。

Magic Laep 1は全国102店舗のドコモショップ5Gコーナーにて展示されているため、興味のあるかたはぜひドコモショップを訪れてみてはどうだろうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。