NTTドコモ、メルカリ・メルペイと業務提携に合意 d払いとメルペイの残高連携や加盟店の共有化も推進

2月4日、NTTドコモは株式会社メルカリ、そしてメルカリ傘下の株式会社メルペイと業務提携を結んだことを発表した。

この業務提携によってメルカリIDとdアカウントが連携することになり、国内最大級の顧客基盤ができあがる。さらにメルカリの利用でdポイントが貯められるようになったり、メルカリでの取引にdポイントを利用できるようにするなどポイントサービスにも提携が及ぶようになる。

業務提携概要
(1) 「メルカリID」と「dアカウント®」連携による顧客基盤の拡大
・両社のIDを連携させることにより国内最大級の顧客基盤を実現(2020年5月開始予定)
(2) 「メルカリ」の利用でdポイントが貯まる、使える
・「dアカウント」と「メルカリID」が連携することで、「メルカリ」での取引1回につき、取引額100円(税込)ごとに1ポイントのdポイントを還元(2020年5月開始予定)
・貯まったdポイントを、1ポイントあたり1円(税込)として、「メルカリ」での取引に利用可能(2020年5月開始予定)
(3) スマホ決済事業の連携
・「メルペイ」ウォレットと「d払い®」のウォレットの電子マネー残高およびポイント残高の連携、各社のサービスにおけるポイントのシームレスな利用の実現
・両社の決済サービス加盟店の共通化および、共同での営業推進(2020年初夏開始予定)
(4) ドコモショップと「メルカリ」の更なる連携強化の検討
・現在一部のドコモショップで実施している「メルカリ教室」や「メルカリ」の梱包・配送サポートの全国展開の推進の検討
(5) その他、各社のアセットを活用した新規事業創出の検討
・各社が保有する各種データを連携させたfintechサービスの開発を検討
・新たなマーケティングや販促ソリューションの開発を検討

業務提携によりメルカリIDとdアカウントが連携

まずは 「メルカリID」 と 「dアカウント」 の連携について。これは2020年5月に開始される予定で、両社のIDを連携させることで国内最大級の顧客基盤を獲得することになる。

ドコモの会員基盤は7,345万、d払い、dポイント加盟店は136万か所まで拡大している。メルカリの月間利用者数は約1,450万人、メルペイについては2020年1月に600万人を突破している。

そして、ドコモのポイントサービスがメルカリで使えるように。2020年5月以降、「メルカリ」 での取引1回につき、取引額100円(税込)ごとに1ポイントのdポイントを還元する。貯まったdポイントは1ポイントあたり1円(税込)として、「メルカリ」 での取引に利用可能となる。

そのほか、「メルペイ」 と 「d払い」 のウォレットにある電子マネー残高およびポイント残高の連携、各社サービスにおけるポイントのシームレスな利用の実現を推進。両社の決済サービス加盟店の共通化および共同での営業推進についても2020年初夏から開始予定としている。

ドコモショップとメルカリの連携強化も検討。現在一部のドコモショップで実施している 「メルカリ教室」 や 「メルカリ」 の梱包・配送サポートの全国展開推進も考えているとのことだ。

ポイントサービスやスマホ決済サービスが乱立する中、それぞれが生き残りをかけた再編・陣営づくりを加速している。今回のドコモとメルカリ・メルペイの業務提携はPayPayとLINE Pay、KDDIとローソンの提携に対抗する狙いがあるとみられ、今後も激しいユーザーの奪い合いが続きそうだ。

「メルカリでd払いを使うと+10%還元キャンペーン」 も実施

今回の業務提携にあわせて、三社は 「メルカリでd払いを使うと+10%還元キャンペーン」 を実施する。このキャンペーンは 「メルカリ」 で 「d払い」 を利用して買い物をしたユーザーに対して、通常のポイントに加えて購入金額10%分のdポイント(期間・用途限定) をキャンペーンポイントとして進呈するというもの (要エントリー) 。

さらに期間中は 「メルカリ」 上での 「d払い」 決済1回につき、決済手数料 (1回100円) 分のdポイント (期間・用途限定) も進呈する。

キャンペーンは2020年2月4日(火)から2020年2月24日(月曜)まで。ぜひご利用いただきたい。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。